BluefaceやPolo G、Rico Nastyらに「ライムを事前に書くか、フリースタイルをするか」というアンケートを採る動画が公開

様々なスタイルのラッパーが存在するヒップホップシーン。練りに練られたライムを聴かせるリリシストもいればフリースタイルで巧みなラップを披露する者もいる中、人気の若手ラッパーたちに「ライムを事前に書くか、フリースタイルをするか」というアンケートを採る動画がXXLから公開された。

最初に登場したBluefaceは「俺は全くフリースタイルをしない」と語っており、「全くだ。全ては事前に書かれたものだよ。もし一言だけでもフリースタイルをすればアイコニックな歌詞が普通の歌詞になるかもしれない。全力を傾けて歌詞を書いているから、俺の歌詞はアイコニックなんだよ」としている。

続けて登場したPolo Gもフリースタイルは行わないようで、「いつもスタジオに入るときはリリックを携帯に書いていて、それを読み上げるんだ。事前にビートを家で聴いて準備をしてからスタジオに行くこともある。俺はフリースタイルはしたくないんだよ」と語っている。

一方でRico Nastyは楽曲によってはフリースタイルをすることもあるようで、「フリースタイルをすれば、フリーキーな物が出来るよね。最初の4小節だけフリースタイルをして、そこから曲のコンセプトを考えることもあるよ(中略)普段は歌詞を書くんだけど、マジでハイになったらフリースタイルが出来るようになるの」と語っており、発想を膨らませるためにフリースタイルを取り入れることがあるようだ。

音楽に正解は無く、ラッパーの数だけレコーディングの方法がある。ラッパーを目指している方は、動画を観て彼らのやり方を参考にしてみては?

related

Rico Nastyが駐車場にて人種差別的な攻撃を受けたことを明かす

今年のXXL Freshmanにも選出され、個性派フィメールラッパーとしての地位を確立しつつあるRico Nasty。そんな彼女が駐車場にて差別的な対応を受けたと自身のTwitterで明かしている。

半年で1000人の女性と寝たと述べたBluefaceが実は10000人の間違いだったと主張

先日、ここ6ヶ月で1000人の女性と寝たと発言し、話題となったラッパーのBlueface。その数日後に行われたインタビューにて「今は多分1010人になった」とさらに増えたことを明かしていたが、今回彼から実は10000人の女性と寝たと衝撃の発言が飛び出した。

Bluefaceがこの6ヶ月間で1000人以上の女性と寝たと主張

“Thotiana”や“Bleed It”のヒットを皮切りに、今年のXXL Freshmanにも選ばれるなど瞬く間に人気アーティストの仲間入りを果たしたLAの新鋭ラッパーBlueface。先日には「俺がヒップホップゲームで最高のリリシスト」と大胆な発言をしていたが、今度は「ここ6ヶ月間で1000人以上の女と寝た」と主張し、話題となっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。