MinchanbabyがニューEP『Kylie』を本日リリース

先日姫路の新鋭week dudusとvio moonとのコラボEP『Threesome』をリリースしたばかりのMinchanbabyが、本日ソロEP『Kylie』をリリースした。

4曲を収録したEPのタイトルの『Kylie』は解離からきているもので、繋がりが切れたり、壊れたり、終わったりすることやMinchanbaby自身の制作時のマインドを反映したものとなっている。

『Threesome』はバンギンな楽曲が多数収録されていたが、EPはMinchanbabyの持ち味であるエモーショナルなフロウと巧みなラップスキルが印象的な"blue clouds"や、人との関係性の終わりをラップした"break up"などを収録している。

今回もミックスとマスタリングは兵庫・姫路のHLGB STUDIOのDa.Iが行なっている。

Info

「Kylie」 Minchanbaby
1. well done (Produced by THAIBEATS)
2. blue clouds (Produced by cryptic x nazgul)
3. break up (Produced by Diaboulik)
4. hang out (Produced by ESKRY)

Written by Minchanbaby
Recorded, Mixed and Mastered by Da.I (KNOTT) at HLGB STUDIO
Art Directed by Minchanbaby & Ida rin
Designed by Ida rin

https://linkco.re/actvQaqs

related

Minchanbabyとin the blue shirtによる2017年のコラボ曲"イチゴの歌"がついに正式リリース

精力的にシングルを発表し続けているMinchanbabyがin the blue shirtとのコラボで2017年に公開していた"イチゴの歌"を、SpotifyやApple Musicなどで正式にリリースした。

Minchanbabyがニューシングル"星をみるひと"をリリース

先日"eat you up"をリリースしたばかりのMinchanbabyが、早くもニューシングル"星をみるひと"をリリースした。

Minchanbabyがニューシングル"eat you up"をリリース

精力的に楽曲を発表しているMinchanbabyが、ニューシングル"eat you up"を4/25にリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。