明日リリースのNF ZESSHOとAru-2によるジョイントアルバム『AKIRA』からリード曲"All Friends"のMVが公開

明日リリースのNF ZESSHOとAru-2によるジョイントアルバム『AKIRA』から、リード曲"All Friends"のMVが本日公開となった。

昨年リリースのアルバム『CURE』で注目を集めた福岡出身のラッパーNF ZESSHOと、KID FRESINOやISSUGI、仙人掌、JJJ、C.O.S.A.、環ROYなどへの楽曲提供をはじめ、自身名義のアルバムやlee (asano+ryuhei)、Yotaro、Cramなどとのコラボ作品もリリースするAru-2によるジョイントアルバム『AKIRA』。

Aru-2が生み出す時代の最先端でもありオーセンティックでもある独特なグルーヴ感を持つビートに、NF ZESSHOのスキルフル且つ意味深いラップ、そして今作の大きな特徴の一つでもあるお互いのハイセンスな歌が混ざり合うことで、本来交わるはずのない要素がまとまっている作品となっている。

MVはAKIRAとも親交が深いPitch Odd MansionのShintaro Kuniedaがディレクションしている。

 

Info

NF ZESSHO × Aru-2 - 『AKIRA』

01. Akira Zone (Intro)
02. No Flex
03. Boredom
04. Make Me Crazy (Interlude)
05. Trying Day 06. Stay
07. Listen Babe 08. Akira 200%
09. Eleven Back
10. All Friends
11. I Give
12. Get High
13. No Flex (Sweet William Remix)

NF ZESSHO
Instagram
https://www.instagram.com/nfzessho
Twitter
https://twitter.com/Gudamanss

Aru-2
Instagram
https://www.instagram.com/aru_2/
Twitter
https://twitter.com/_aru2

related

Mr.Budがニューアルバム『Garage』よりNF Zesshoとの楽曲”Echolocation”のMVを公開|アルバムにはCHICO CARLITOやSound’s DeliのGypsy Well、サトウユウヤ、Warboなどが参加

ビートメイカーのMr.Budがニューアルバム『Garage』を11月13日(土)にリリースする。 MPCを主な製作機材の基板として、19歳の頃にビートメイクを始めたMr.Bud。2019年に1st アルバム 『Blue Science』 をリリース、2020年には OllKorrectからJ...

Aru-2とKID FRESINOの『Backward Decision For Kid Fresino』から"Keep Rollin'"の7インチがリリース|B面にはレア音源"Can't Wait For War"が収録

NF Zesshoとのジョイントアルバム『AKIRA』やソロでのフルアルバム『Little Heaven』など多くの作品をリリースするビートメイカーAru-2がKID FRESINOとのジョイントで2014年にリリースした傑作『Backward Decision For Kid Fresino』から、ミュージックビデオも制作され高い人気を誇る"Keep Rollin'"が7インチとしてリリースされる。

NF ZesshoがEP『Phytoplankton』をリリース

福岡市早良区出身のラッパー、ビートメイカーであり、6月にはMASS-HOLEプロデュースのシングル"Axe of despair"も話題となったNF Zesshoが、新作EP『Phytoplankton』をCDにてリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。