Bupponが全曲KojoeがプロデュースしたEP『I'll』を限定リリース

初回分、再発分共に即完売したカセットテープ音源『Cross Talk』、全曲illmoreプロデュースによるフルアルバム『enDroll』に続き、BupponとKojoeタッグが間髪を入れずに制作を進めていた新作EP『i’ll』を限定リリースした。

前作『enDroll』ではビート提供ではなく、エグゼクティブプロデューサーを担当したKojoeだが、本作では初の全11曲ビートメイクを担当。

先日EPからタイトル曲"i’ll"のミュージックビデオを公開しデジタルリリースしたが、EPはKojoeによるWebショップillscottのみでの限定販売となる。

Info

アーティスト : Buppon
タイトル : I’ll
レーベル : J.Studio
価格 : 2,000円(税込)

CD限定EP販売 : https://www.illscott.com
デジタル配信 : https://linkco.re/e1h7fMYy

related

KOJOEがNY時代に制作した未発表ビートアルバム『Queens Bound』をリリース

KOJOEがビートテープアルバム『Queens Bound』を本日リリースした。

KojoeとNARISKによる新曲"GOLD"がリリース | ウィルチェアーラグビー日本代表の応援ソング

KojoeとビートメイカーのNARISKによるコラボ曲"GOLD"が、本日7/23(金)にリリースされた。

ISSUGIと仙人掌がKOJOEプロデュースのシングル“This for ma..”をリリース

ISSUGIと仙人掌 が、KOJOEプロデュースのシングル“This for ma..”を本日リリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。