Kanye Westが「ラップは悪魔の音楽だからもうやめる」と発言したことが明らかに

新作『Jesus Is King』をアルバムと映像作品という二つの形で発表するとアナウンスしているKanye West。キリスト教に傾倒し改宗も行なったという彼が、とうとうラップから離れる意向を示し話題を呼んでいる。

Complexによると、Kanye Westの牧師を務めるAdam Tyson氏がキリスト教系メディアApologia Studiosのインタビューに対し「彼はある時、“もうラップはやめる”と言い出したんだ。僕が“どうして?”と聞くと、彼は“あれは悪魔の音楽だからだ”と答えた」と語っている。Tyson氏は「僕は“ラップはジャンルだよ。神のためにラップすることも出来るんじゃないか?”と言った。彼もそのことについて少し考えていたようだけど、僕は“君は神に与えられた才能を使うべきだし、そのプラットフォームを神のために使うべきだよ”と言った」とKanyeにラップを続けることを勧めたようだが、Kanye自身はラップというジャンルそのものに懐疑的になっているようだ。

以前も「俗世の音楽から離れて、ゴスペルしか作らない」と発言していたことが報じられたKanye。Netflixの番組『デヴィッド・レターマン 今日のゲストは大スター』に出演した際にも「808はチャクラの一番下に響く。これはセックスに関するチャクラだ」としてヒップホップにおけるドラムマシンのサウンドを否定し「癒し」の効果を持つ音楽を作りたいとしていたが、やはりプロテスタントの思想に影響を受けて以降ラップが持つ攻撃的な要素を好まないようになっていると思われる。

最新作となる『Jesus Is King』についてはNick Knightが監督した映像作品版のトレーラーが既に公開されており、Kanyeが多大な影響を受けたと公言するジェームズ・タレルの作品とゴスペルライクなボーカルがフィーチャーされた映像となっている。

果たしてKanyeが今後本当にラップから離れてしまうのかどうかは分からないが、『Jesus Is King』が今までの彼の作品とは異質な物に仕上がっていることは間違いなさそうだ。

related

Kanye Westが「『JESUS IS KING』の20%はiPhoneでレコーディングされた」と明かす

先日公開されたGQのカバーストーリーに登場したKanye West。今年の大統領選でトランプ大統領へ投票することを仄かしたことも話題を呼んだが、一方で昨年リリースされたアルバム『JESUS IS KING』のレコーディングについても語っている。

Kanye Westが2020年大統領選について「絶対に投票に行く」と語りトランプ支持をほのめかす

2020年の大統領選を控えているアメリカ。そんな中、かねてよりトランプ大統領への支持を表明してきたことで物議を醸し、また2024年の大統領選には自身も出馬することを計画しているKanye Westが今年の大統領選への自身の考えを明かしている。

Kanye Westが新たなインタビューでA$AP Rockyの釈放に向けて動いた経験とトランプ支持による批判を振り返る

昨年もアルバム『JESUS IS KING』をリリースする一方でトランプ大統領の支持を表明し続け物議を醸していたKanye West。そんな彼の新たなインタビューがWall Street Journalにて公開されている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。