ニューアルバム『Jesus Is King』のリリースを控えた(?)Kanye Westが「もうゴスペルしか作らない」と宣言

昨年より『Yandhi』なる新作をアナウンスしていながらも紆余曲折を経てお蔵入りとなり、今回は『Jesus Is King』と題された新作をリリースすると予告しているKanye West。当初予定されていた9月27日(金)からリリース日を2日遅らせ、昨日9/29(日)にリリースされると発表されたものの、一向にドロップされる気配が見られずファンも心配になっている現状だが、そんな中彼が自身の音楽をゴスペル一本に絞って行くことを宣言した。

XXLによると、シカゴの音楽業界に深く関わりG.O.O.D. Music所属のラッパーValeeのマネージャーも務めるAndrew Barberが、自身のTwitterにてKanyeが発したまさかの言葉をツイートした。曰く「Kanyeはもう二度と俗世の音楽を作らないとアナウンスした。今後はゴスペルのみを発表して行く」とのこと。Kanyeの音楽性は今後、彼が定期的に開催しているイベント「Sunday Service」でのゴスペル的なスタイルのみに絞られるのだという。

このKanyeの言葉が果たしてどれだけ信用するべきものなのかどうかは分からない上に、未だにアルバム自体がリリースされていない状況で彼の今後の音楽性について考えることは中々難しい。それでも近頃の彼のキリスト教への傾倒を見る限り、今後しばらくゴスペル的なスタイルを続けてゆくことは確かなのだろう。

アルバム『Jesus Is King』は先日、ニューヨークやデトロイトなど各所でプレミアリスニングパーティが開催されたことが明らかになっている。しかしその後、パーティで流されていた音源を録音したものがYouTubeにリークされ、さらに『Jesus Is King』と題されたIMAXのドキュメンタリー映画が今年10月25日に全世界でロードショーされる、との発表も為された。

情報が錯綜しているが、果たして我々は無事にKanye Westのニューアルバムを聴くことが出来るのだろうか?

related

Lil Uzi VertがKanye Westに「俺のために祈ってくれ」と呼びかける

今年は待望のニューアルバム『Eternal Atake』をリリースし活動の勢いを増しているLil Uzi Vert。そんな彼がKanye Westに対し謎の呼びかけを行なっている。

Kanye WestがかつてEminemのドラムキットを盗もうとしたことを明かす

2000年代初期から中期にかけて、ラッパーとしてだけでなくプロデューサーとしても高い評価を受け注目されていたEminem。同じ時期に新進気鋭のプロデューサーとしてキャリアをスタートしたKanye Westが、そんな彼とのエピソードを語っている2004年のインタビュー記事が話題となっている。

Kanye Westが「『JESUS IS KING』の20%はiPhoneでレコーディングされた」と明かす

先日公開されたGQのカバーストーリーに登場したKanye West。今年の大統領選でトランプ大統領へ投票することを仄かしたことも話題を呼んだが、一方で昨年リリースされたアルバム『JESUS IS KING』のレコーディングについても語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。