Diaspora skateboardsの2019AW LOOKが公開

GAPやUMBROをはじめとするグローバルブランドから、JazzySportやVainl Archiveといったドメスティックブランドとのコラボレーションでも注目を集め、東京を中心に活動するスケートレーベルDiaspora skateboardsから2019AWのLOOKが公開となった。当レーベルは、先月FNMNL STOREにてTHE STRAIGHT AND NARROWとのコラボレーションアイテムを発売し話題となった。

Diaspora skateboardsでは定番の、街で映えるグラフィックアイテムを中心にフリースジャケットやアノラックなど、スケーターらしいアクティブなアイテムも展開。カラーバリエーションも増やし、より鮮やかなコレクションとなった。刺繍のアイテムは、国内最高峰の技術を持つ桐生の工場で生産するなど、細部のクオリティにもこだわっている。

10/1(火)より、取り扱い各店とオンラインストアにて販売を開始。

 

info

Photographer: Cho Ongo / Banri Kobayashi
Model:Eriko Harako / Shunsaku
Stylist:Shohei Higashi

Diaspora skateboards
ONLINE STORE
https://diasporaskateboards.com/
Instagram

2010年に設立され、東京を拠点に活動するスケートレーベル / ビデオプロダクション。
不定期に発表される映像のBGMとして、KID FRESINO / JJJ / 16FLIP / MASS-HOLE / Aru-2等のアーティストの楽曲を選曲。またFla$hBackS / KID FRESINO / ISSUGI / STUTSらのMV制作も行うなど、国内の音楽シーンとも密接につながっている。ファッションシーンでは、GAPやUMBROをはじめとするグローバルブランドから、JazzySportやVainl Archiveといったドメスティックブランドとのコラボレーションでも話題を集める。2017年には、HYPEBEASTによって「今最も勢いのあるアジアの新鋭スケートブランド8選」に選出。

related

Diaspora skateboardsの2020SS LOOKが公開

東京を中心に活動するスケートレーベルDiaspora skateboardsから2020SSシーズンのLOOKが公開された。

【特集】Diaspora Skateboards 『SYMBIOSIS』|結成10周年、仲間達と作り上げた集大成

結成10年を迎えるDiaspora skateboardsの、アーティストと築き上げてきた関係性が垣間見えるインタビューとなっており、イベントに足を運ぶ前に一読して置くと、よりイベントを楽しむことができるので是非チェックして欲しい。

Diaspora skateboardsがAWAでプレイリストを公開 | スケートビデオ『SYMBIOSIS』に使用されるRLP & Submerseによる楽曲がAWAで独占配信開始

東京を中心に活動するスケートレーベルDiaspora skateboardsが、AWAでプレイリスト『Music for SKATE AND CREATE.』を公開した。アートワークは、Diaspora skateboardsがこのプレイリストのためにデザインしたものとなっている。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。