Charlie Puthが6ix9ineに曲を無料でプロデュースするとツイートするもその後削除

Wiz Khalifaとのコラボシングル“See You Again”でも有名なシンガーのCharlie Puthが自身のTwitterにて、現在収監中の6ix9ineに向けて、楽曲を無料でプロデュースするとツイートし、波紋を呼んでいる。

現在、当該ツイートは削除されているものの、ネット上にはしっかり記録されてしまった。


Charlieは「もし6ix9ineが外に出られて、楽曲を作れるなら俺が無料でプロデュースする」とツイートしたようで、30分も経たないうちに彼はツイートを削除。しかし、約300万人ものフォロワーを抱える彼の元には困惑の反応が多く集まっている。同時に上記のようなツイートをした理由の説明や謝罪を求める声も多数だ。


しかし、Charlie自身はツイート削除後、Commonの“The Light”がお気に入りの曲とツイートするなど無反応で事態の収束を試みている。


彼自身の真意は結局分からずじまいだが、ファンからしてみれば釈明してほしい気持ちは山々だろう。

related

6ix9ineが「俺の曲が長くヒットしないのは金を払ってラジオで流してもらっているから」と正直に告白

先週金曜日、出所後初となるアルバム『TattleTales』をリリースした6ix9ine。Lil Durkとのビーフとそれに伴う買収疑惑など相変わらずトラブルの渦中にいる彼が、インタビューで心境を語っている。

Lil Durkが6ix9ineのチームから彼とのビーフを300万ドルで要求されたと明かす

出所以来本格的な活動を再開し、Nicki Minajとのコラボ曲“Trollz”も話題となった6ix9ine。近日中にアルバムをリリース予定であることも報じられている彼が、Lil Durkに対して興味深い取引をもちかけたようだ。

6ix9ineとAkonがInstagram上でバトルを開催|自身を批判してきたSnoop Doggへの煽りも行う

4月頭に釈放され、今月に入ってから新曲をリリースしSNSでの煽りも再開するなど活動を活発化させている6ix9ine。そんな彼が、ベテランR&BシンガーのAkonと突如Instagramライブでバトルを開催すると発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。