Rex Orange Countyの3rdアルバム『PONY』が10月25日にリリース決定

Tyler, the CreatorからBenny Singsまで虜にするイギリスの新鋭シンガー・ソングライター、Rex Orange County。その早熟な才能をいかんなく発揮させた前作『Apricot Princess』から2年、3rdアルバムとなる『PONY』がついに完成し、10月25日(金)に発売されることが決定した。

同作は東ロンドンにあるストロングルーム・スタジオにて制作され、作詞、作曲、録音、演奏のほぼ全てを自身が手掛けている。これまでも親交のあるベン・バプティが共同プロデューサーとしてミックスとエンジニアリングで参加しており、先週公開されたばかりの先行シングル"10/10"は海外媒体からも「知っておくべき楽曲」と高い評価を得ている。

Info

アーティスト:Rex Orange County
アルバム名:『PONY/ポニー』
発売日:2019年10月25日

収録曲

01. 10/10
02. Always
03. Laser Lights
04. Face To Face
05. Stressed Out
06. Never Had the Balls
07. Pluto Projector
08. Every Way
09. It Gets Better
10. It’s Not the Same Anymore

related

【レビュー】Rex Orange County 『PONY』|21歳のリアルなアンビバレンス

昨年10月にリリースされたRex Orange Countyの3rdアルバム『PONY』。これまでの彼の作品と比べてもポップさを大幅に増しながら、同時にどこか苦しそうな彼の姿や、深い内省のようなものが影を落としていた。ここでは貴重なオフォシャルインタビューを引用しながら、彼のキャリアの中でも重要な転換点となったであろう『PONY』を紐解いて行きたい。

Rex Orange Countyが1日限りの来日公演を5月に開催

今年リリースしたアルバム『PONY』も大きな話題となったUKのシンガーソングライターRex Orange Countyが、来年5/18(月)にマイナビBLITZ赤坂にて一夜限りの単独来日公演を開催する。

【レビュー】Rex Orange County 『PONY』|ノスタルジックであり新鮮な明るさ

Rex Orange Countyの3rdアルバム『PONY』がいよいよリリースされた。シンガーソングライターAlexander O'Connorによるソロ・プロジェクトであるRex Orange Countyは、ロンドンの次世代(ここではKing Krule以降と言い切ってしまいましょう)を代表するアーティストとして期待を集め、昨年はSUMMER SONICにも出演するなど日本でも注目を集めてきた。FNMNLでも初来日に先駆けてインタビューを掲載するなどフォローしてきましたが、今回は改めてそのキャリアを振り返り、期待の高まる新作『PONY』をレビューする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。