Brand NubianのLord Jamarが「俺はフィメールラッパーが好きじゃない」と発言

90年代より活動するベテランヒップホップグループBrand NubianのメンバーであるLord Jamar。そんな彼が、女性のラッパーに対し展開している持論が物議を醸す気配を見せている。

XXLによると、Lord JamarはラップバトルをテーマにしたPodcast『Rapmastic』に出演。司会の女性に「フィメールラッパーについてどう思う?」と尋ねられ「俺はフィメールラッパーは好きじゃないよ。白人のラッパーやワックなラッパーと同じ理由でな。女性が喋ってることは響かないんだよ。いいか、上手にライム出来る妹がいたら嬉しいと思うか?そうだな。Rah Diggaはドープだ。Bahamadiaもドープだ。でも女性のことについて女性がライムしてるのを聴きたいと思うか?俺には響かないんだよ」とまくし立てている。さらに「女性がラップした曲は聴かないし、ラジオで流れたらラジオを消す」とも述べた。

女性が語る内容に共感することが難しい、との意見だが、フィメールラッパー全般ととワックなラッパーたちを並べて語ることはかなり女性蔑視的であり、古い考え方と言わざるを得ない。以前新世代のフィメールラッパーたちについてJermaine Dupriが「ストリッパーがラップしているようだ」と評しCardi BやDoja Catから反論を受けていたが、彼らのようなベテランがミソジニックな考え方を公言してしまうのは、世代という点を差し引いて考えても嘆かわしいことである。

この件を直接批判するアーティストはまだいないようだが、彼に反論を行うフィメールラッパーは現れるのだろうか?

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。