Kanye Westが設計したドーム型住宅が手続きの不備によって取り壊される

音楽やファッションのみならず、以前より建築にも興味を示していたKanye West。そんな彼はカラバサスに新興住宅を建設する計画を実行しており、7月にはそのプロトタイプが完成していた。しかし今回、せっかく建設された住宅のプロトタイプが取り壊されてしまったことが報じられている。

Complexによると、Kanyeが建設した住宅は300エーカーにも及ぶ広大な土地を使っていたが、建設の許可を取得していなかったため建築基準法に違反していたことが判明。近隣住民たちがロサンゼルス当局に苦情を入れ、取り壊しが決定してしまった。

今週月曜日、TMZがKanyeによる住宅の取り壊しが進んでいることを報道。『スターウォーズ』シリーズに登場する惑星タトゥイーンにインスパイアされたユニークな建築だったが、今では見る影も無い有様となってしまったようだ。建築物はいずれもコンクリートの上に建てられていたため基礎も安定しておらず、永続性のある建築ではなく「オブジェ」として規定されるという。撤去は9月15日までに完了されていなければならず、作業が急ピッチで進む様子が確認されている。

最近Kanyeはワイオミングに1400万ドル(約15億円)の不動産を購入したことが明らかになっている。これが以前明かされていた教会の建設計画のために用いられるのかどうかは不明だが、いずれにせよ、彼の建築への興味は今の所尽きる気配が無さそうだ。

related

adidasとKanye Westのコラボから人気モデル『YEEZY BOOST 350 V2』が再登場

adidasとKanye Westのコラボレーションから、人気モデル『YEEZY BOOST 350 V2 Core Black/ Core Black/ Red』が抽選販売で再登場する。

Kanye Westがアメリカ大統領選挙で約60,000票を獲得 | 次回の出馬にも意欲を示す

大統領選の集計が行われ、トランプ現大統領の続投か、バイデン候補の当選かで揺れ動く現在のアメリカ。バイデン優位の郵便投票を「不正である」と主張するトランプが集計を打ち切るよう最高裁に申し立てを行う方針を示すなど異例の事態が続く中、一部の州において大統領選に出馬していたKanye Westの得票数が明らかになった。

2 Chainzの新作をKanye Westが全曲プロデュースする予定であったことが明らかに

来週金曜日にニューアルバム『So Help Me God』をリリース予定の2 Chainz。そんな彼が、Kanye Westとアルバムを制作するプロジェクトを始動させていたことを明かした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。