Kanye Westの教会を建てるアイデアにKim Kardashianも協力的なことが明らかに

先日、Kanye Westが自身の教会を設立することを計画しているとの報道があった。Coachellaでのパフォーマンスも話題となった「Sunday Service」など宗教的な面を近頃は多く見せているものの首をかしげざるを得ないこのアイデアだが、Kanyeだけでなく彼の妻であるKim Kardashianも教会設立に前向きであるようだ。

Peopleが報じるところによると、KanyeとKim Kardashianの夫婦に近しいという匿名の人物が「Kimは教会の設立に100パーセント協力的ですよ。彼女自身もクリスチャンだし、スピリチュアルでいることの重要性は理解しています」と語っているそう。Kanyeの突拍子もないアイデアのように思われたが、彼女もクリスチャンであるが故に彼のスピリチュアルな部分には共感しているようだ。さらに「彼女は伝統的な“牧師の妻”にはならないでしょうが、もしKanyeが教会を始めればサポートするでしょう」と匿名の人物は語る。

Kanyeが設立する教会がどのような物になるのかは非常に興味深いところだが、先ほどの人物とはまた別の匿名の情報源によると「伝統的な、賛美歌を歌い説教をするような場にはならないでしょう。アートやコミュニティを通じて人々をキリストと繋げ、互いを愛し思いやるようなものです。彼は子供達にも信仰心を持って育って欲しいと考えているようで、教会を作ることはとても良い方法となる」そうだ。やはりというべきか、Kanyeらしい非常にパーソナルな場になることが予想される。

果たして本当にKanyeの教会が設立されるのかどうかはまだ分からないが、仮に設立されたとすれば世界中から多くのファンが集まり、また様々なアーティストが関わる豪華なものになることは間違いないだろう。建物やイベントは一体どのような形のものになるのだろうか?

RELATED

Kanye WestがKim Kardashianに「服がセクシーすぎる」と文句を付ける|『Jesus Is King』のリリース日も改めて発表

アルバム『Jesus Is King』のリリース延期も大きな話題を呼んだKanye West。そんな彼が、パートナーであるKim Kardashianのファッションに文句をつけている。

Young ThugがKanye Westに『Jesus Is King』に自身のバースがあるか確認をとる

先週金曜日の9月27日にリリースされる予定だったKanye Westのニューアルバム『Jesus Is King』。アメリカの各地でリスニングパーティは行われたようだが、結局アルバム自体はリリースされずじまいとなってしまっている中、Young Thugが自身の参加した楽曲は『Jesus Is King』に収録されているのか、Kanyeに質問を行っている。

Kanye Westのお蔵入りとなった作品『Yandhi』の一部がiTunesに着メロとして非公式にアップロード

昨年よりリリースがアナウンスされていたKanye Westの新作『Yandhi』は、今年8月末に妻であるKim Kardashianが自身のTwitter上で発表した新作『Jesus Is King』の登場によってお蔵入りとなった事が予想されていた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。