D’Angeloのドキュメンタリー映画『Devil’s Pie』の予告編が公開

『Brown Suger』、『Voodoo』、『Black Messiah』とブラックミュージック史上に残る名作を続けて発表しながらも、寡作であるがために多くの謎に包まれているD’Angelo。そんな彼に迫るドキュメンタリー『Devil’s Pie』の予告編が公開された。

監督はオランダの映画監督Carine Bijlsmaが手がけ、Questloveなど彼と近しい人々のインタビューによってD’Angeloのパーソナルな部分や、音楽家としての部分が解き明かされて行くという。さらに、彼の『Voodoo』から『Black Messiah』リリースまでの間の空白の14年間に何が行われていたのかも明かされ、薬物中毒や復帰に到るまでの道筋を追って行くとのこと。もちろん楽曲制作、レコーディングの手法にも迫るようだ。

Complexによると『Devil’s Pie』は今年のトライベッカ映画祭にてプレミア上映されるそう。劇場公開はまだ未定だが、ブラックミュージックのファンならば間違いなく必見の作品となるだろう。日本での公開が決定するまで続報を待ちたい。

related

D’Angeloのニューアルバムがリリース間近か?マネジメント会社がInstagramに謎の投稿

寡作で知られるシンガーのD’Angeloは2014年に14年ぶりのサードアルバム『Black Messiah』をリリースした。それから3年が経ったが、前作が14年ぶりだったため、ファンならまだまだ次作を待てるという気持ちだろうか。そんな中で、予想より早くD’Angeloの新作がリリースされるのではと...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。