Billie Eilishが「アンチポップ」としてラベリングされる事への拒否感を語る

現在多くのメディアに登場し、様々な形容詞で表現されるBillie Eilish。そうした中で、彼女自身は「アンチポップ」としてラベリングされる事に強い拒否感があると話した

Elleのインタビューに対して「私は兄とただ曲を作ってただけ。なのに今『彼女はクソなものに対抗しているアーティストだ。』なんて事になってる。」と自分がメディアに過剰に持ち上げられていると語った。また「”Fuck Pop!”なんて私はどこにも言った事はない。好きな音楽をやってるだけ。」と、勝手にメディアで“Fuck Pop!”と言ったように取り上げられた事に驚きをみせた。

また彼女は自身が「新たなLana Del Rey」と評される事に対してもうんざりだと語った。「Lanaに失礼な事言わないで」とLanaへの敬意を示した後、「彼女は自身のキャリア全体を通して完璧なブランディングをしてきた。(“新たなLana Del Rey”なんて)私は言われるべきじゃない。」と話した。

そしてBillieは、Elleのインタビュー全体を通して有名になった事でのメンタルヘルスの問題への取り組みを語っている。「2年前の私は全てにおいて問題無く、どんなしがらみも抱えていなかった。(しかし今では)私自身の人生だけじゃなく、世界中の全てにおいて憂鬱になった。」と話している。

しかし最後に、そうなった理由として「有名になったからでもなく、少々のお金を手にしたからでもない。自分が成長した事、様々な人が自分の人生に入り込んできた事、あるいは去って行く事、そうした多くの事が原因となっている。」と語り、「有名になる事は大好きだよ。最高なこと。でも一年くらいは恐ろしかった。今は自分がやってる事を愛しているし、私は再び私になれた。」と話した。

related

ミネアポリスで無抵抗の黒人男性が警察官に窒息死させられた事件に対しMeek MillやBillie Eilish、Cardi B、Snoop Doggらが抗議の意を表明

ミネアポリスで非武装、無抵抗の黒人男性が警察官に不当な拘束を受けている最中に窒息死した事件。現在ミネアポリスでは抗議運動が大規模なデモに発展しているが、問題の事件についてアーティストも次々と抗議の声を上げている。

Billie Eilishがアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』に影響を与えた楽曲のプレイリストを公開

Billie Eilishが1stアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』に影響を与えた楽曲のプレイリストを公開した。

Billie Eilishの"bad guy"が2019年で最も売れたシングルに認定

Billie Eilishの"bad guy"がIFPI(国際レコード産業協会)によって2019年全世界で最も売れたシングルに認定された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。