思い出野郎Aチームがフリーイベント『ウルトラ”フリー”ソウルピクニック』を開催 | ハナコやAマッソも出演

今年結成10周年を迎え、3rdアルバム『Share the Light』を9/18(水)にリリースする思い出野郎Aチーム。今年1月からマンスリーで開催している自主企画イベント『ウルトラソウルピクニック』の9月編として、9/22(日)に二子玉川ライズ 中央広場を舞台に完全入場無料の野外イベント『ウルトラ”フリー”ソウルピクニック』を開催することが決定した。

思い出野郎Aチームのライブはなんと3回公演となり、"繋がったミュージック"のMVにも出演したハナコや、Aマッソ、ゼスト、ファイヤーサンダー、TOYの5組によるお笑いライブも開催される。

さらに思い出野郎AチームとソーシャルマーケットのCreemaがキュレーションした飲食店や雑貨屋、作家などによるマーケットも多数出店されることが決まっており、一日中楽しめるイベントとなっている。ニューアルバム『Shara the Light』はもちろん、過去グッズやカクバリズムのレアグッズなども販売予定だ。

Info

思い出野郎Aチーム
3rd ALBUM
『Share the Light』

品番:DDCK-1065
価格: 2700円(税別)
発売日:9月18日(水)
フォーマット:CD

収録曲
01 同じ夜を鳴らす
02 朝やけのニュータウン
03 繋がったミュージック
04 ウェザーニュースがはずれた日
05 周回遅れのダンスホール
06 Interlude(Havana)
07 それはかつてあって
08 夜明けのメロディー
09 灯りを分けあおう
10 Interlude(Tokyo)
11 結局パーティは続く
12 パラダイスの夕暮れ

LIVE INFO

思い出野郎Aチーム presents ウルトラ”フリー”ソウルピクニック
9月22日(日)
会場:二子玉川ライズ 中央広場
OPEN10:00/END18:00(予定)
入場無料

ライブ
思い出野郎Aチーム(12:00/14:30/17:00の3回公演)

お笑いライブ
ハナコ/Aマッソ/ゼスト/ファイヤーサンダー/TOY(13:30/16:00の2回公演)

フード&ドリンク
【Curated by OYAT】
インド富士子×妄想インドカレー ネグラ×ピワン/三月の水/TRESOL
【Curated by Creema】
tipi/Mighty steps coffee stop/RUBBER TRUMP

出店
【Curated by OYAT】
BARBER SAKOTA/BLUE LUG/DESPERATE LIVING/hariknitting/iremono/omeal the kinchaku/PEOPLE BOOKSTORE/softs/猫企画
【Curated by Creema】
a.greenpeas/FT2 WORKS/Masayuki Yoshinari/mic/picnic/QUEUE DE RANUN/TAGAKU/ueyama canvas/むらいさき/段々倶楽部

related

【対談】田我流 × 高橋一 (思い出野郎Aチーム) | 言葉との向き合い方

来たる7月9日(土)、渋谷はSpotify O-EASTにて田我流と思い出野郎Aチームの2マンライブ。当初は2月に開催予定だった本公演は東京都のまん延防止等重点措置で延期、7月の再開催と相成った。

田我流と思い出野郎Aチームによる2マンライブがSpotify O-EASTにて開催

FNCY x Daichi Yamamoto 、 STUTS x Awich に続くSpotify O-EASTが主催する2マンシリーズの最新回として、田我流と思い出野郎Aチームによる2マンライブが2月23日(水・祝)に開催されることが決定した。

思い出野郎Aチームが新曲“日々のパレード”をリリース

11月27日には新木場スタジオコーストでのワンマンライブを控える8人組ソウルバンド思い出野郎Aチームが、ニューシングル“日々のパレード”を本日リリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。