思い出野郎Aチームが新曲“日々のパレード”をリリース

11月27日には新木場スタジオコーストでのワンマンライブを控える8人組ソウルバンド思い出野郎Aチームが、ニューシングル“日々のパレード”を本日リリースした。

“日々のパレード”は、先月リリースされた“君と生きてく”に続き、思い出野郎が立ち上げたプライベートスタジオ「SOUL PICNIC STUDIO」でボーカル、トランペット、作詞を担当する高橋一がレコーディング、ミックスした楽曲。マスタリングは滝瀬真代が担当、ジャケットは前回の配信シングルに引き続きHiraparr Wilsonが描き下ろしている。

さらに、10月リリースの“君と生きてく”と、今回の“日々のパレード”が、それぞれ7インチシングルとして11月27日に開催されるワンマンライブ『ソウルピクニック 2021』で販売されることも決定。

『ソウルピクニック 2021』は、サポートメンバー5人と5人の手話通訳を加えた総勢17人編成でのライブとなる。来場チケット、生配信チケットともに絶賛発売中。

Info

思い出野郎Aチーム

配信シングル

「日々のパレード」

配信開始日:11/24 0:00

7インチシングル

「君と生きてく」

発売日:11/27

品番:KAKU-147

金額:1500円(税込)

収録曲

SIDE-A

君と生きてく

SIDE-B

君と生きてく Instrumental

7インチシングル

「日々のパレード」

発売日:11/27

品番:KAKU-148

金額:1500円(税込)

収録曲

SIDE-A

日々のパレード

SIDE-B

日々のパレード Instrumental

Live Info 

思い出野郎Aチーム presents

“ソウルピクニック 2021”

11月27日(土)新木場 USEN STUDIO COAST

OPEN & DJ START 17:00 / LIVE START 18:00

※手話通訳・車椅子スペースあり

出演

思い出野郎Aチーム

サポートミュージシャン

Fukaishi Norio(Ba)

沼澤成毅(Key)

ファンファン(Tp)

asuka ando(Cho)

YAYA子(Cho)

DJ

NOOLIO

ライブチケット・配信チケット

・前売 4,000円 (ドリンク代別途要)

チケットぴあ(Pコード205-317)

ローソン(Lコード:72163)

イープラス(Pre:10/19〜20)

※当日会場チケット受付にて

・20歳以下(20歳も含む)の方は身分証確認で¥2,000キャッシュバック

・身体障害者手帳持参・提示で2,500円キャッシュバック

させていただきます。

・配信チケット+ライブチケット(枚数限定販売)5,000円(ドリンク代別途要)

・配信チケットのみ 2,000円

・配信手話通訳ありチケットのみ 2,000円

ローソン(Lコード:72163)

配信チケット視聴期間:11/27(土)18:00~
*アーカイブ配信も視聴いただけます。11/27(土)配信終了後〜12/5(日)23:59
*生配信中は巻き戻しての再生はできません。

related

思い出野郎Aチームが新たにLIQUIDROOMのメッセージTシャツプロジェクトに参加

多くのアーティストが参加してきたLIQUIDROOMのメッセージTシャツプロジェクトに、新たに昨年末の感動的なLIQUIDROOMでのワンマンも記憶に新しい思い出野郎Aチームが登場した。

思い出野郎Aチームが自粛生活の大きな支えとなったという"独りの夜は"の7インチの一般発売が決定

思い出野郎Aチームが、自分たちが主催する支援プロジェクト「ソウルピクニック・ファンディング」のリターンとして、初めて在宅で制作したシングル"独りの夜は"を一般発売する。

思い出野郎Aチームがオンライン飲み会生配信の第二回を開催

思い出野郎Aチームのメンバーで行われている飲み会を、ファンにも見てもらおうという企画『ソウル家ピクニック』が大好評につき5/24(日)に開催決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。