『THE M/ALL 2019』にMOMENT JOONやPower DNA with K.A.N.T.A、RITTOなどの追加出演が決定

音楽とアート、社会をつなぐカルチャーのショッピングモールをテーマにしたイベント『THE M/ALL 2019』の出演アーティスト第2弾が発表となった。

新たに発表されたアーティストはラッパーのMOMENT JOONをはじめ、Power DNA with KANTA、RITTO、GREEN KIDS、LEARNERSやMaika Loubtéなどだ。

またコラボTシャツ第六弾としてGUCCIMAZE、SIRLOIN、Mars89、谷口菜津子、STEREOTENNISなどの参加も発表。

あわせてSURVIVE=「生きぬく」と題した宣言文を公開した。

SURVIVE =「生きぬく」
この国では7人に1人の子どもが貧困状態にある。
働いても働いても豊かになれない。放置された原発、人種やセクシャリティへの差別。
あげたらキリがないほどの問題がこの国にはある。
そんな中で「未来に希望を持つ」だって?
今、この国では、アートや音楽や文学を楽しむことも、ましてや創ることさえ、贅沢にも感じてしまう。まるで、2019年の東京を舞台にした「AKIRA」の荒廃した世界だ。
こんな状況だからこそ、あえて。私たちは、音と、言葉と、ありとあらゆる手段を使って「生きぬく」と呼びかける。

誰が何を言おうと、未来に希望をつくることはできる。
日々のくだらないことも楽しみながら、まっとうに、あきらめずに、誰にも真似できない、唯一あなただけの人生を生きぬくために。

人と集い、語り、怒り、哀しみ、喜び、アートを楽しむ。「アートに政治を持ち込むな」なんて検討違いだ。私たちが生きるこの社会のありとあらゆることが、つながっている。
関係ない人なんていない。私たちはすでにこの国で一緒に生きている。
困難な時代の中で、あきらめる理由を探すよりはできることを探していたい。

あきらめないで生きぬく。あきらめてたまるか。

表現の自由と、暴力を履き違えるつもりはない。ありとあらゆる差別や暴力に抵抗し、苦しみに寄り添い私たちが今ここに存在していることを祝うために、タフにSURVIVEする。どこまでいっても、他人は他人だ、そんな他者同士で、みんなで生きていこう。

2019年も入場無料。お友達でも、知らない人でも誰でも誘って、9月7日に集合。手を携えて、今ここで生きていこう。自由に楽しんで。

必要があるとか、ないとか、誰が決める?
勝手に分断されてしまったものを、何度でも何度でも手繰り寄せて、
2019年。

とにかく生きぬくんだ。
SURVIVE.

No Homophobia
No Violence
No Racism
No Sexism
No Hate

SURVIVE.

Info

イベントページ : https://www-shibuya.jp/schedule/011463.php

概要
<WWW / WWW X / WWWβ>
2019年9月7日(土)
OPEN 15:00 / START 16:00

<GALLERY X BY PARCO>
2019年9月7日(土)
OPEN 14:30 / START 15:00
2019年9月8日(日)
OPEN 10:00 / START 10:30

第2弾 出演アーティスト
<WWW / WWW X / WWWβ / GALLERY X BY PARCO>
・LEARNERS
・RITTO
・MOMENTJOON
・田島ハルコ
・Power DNA with KANTA
・7e
・NINJAS
・Maika Loubté
・GREEN KIDS

第一弾 出演アーティスト
<WWW / WWW X / WWW β / GALLERY X BY PARCO>

・GEZAN
・GOTCH
・あっこゴリラ
・なみちえ
・NTsKi
・Mars89
・suimin
・ermhoi
・Mari Sakurai
・machìna
・Miru Shinoda
・行松陽介
・ENDON

related

LEXやfox4G、Power DNA、TRASH ODE、XY GENE、空音なども参加したプロジェクトO.B.Sによるアルバムがリリース

昨年LEXやfox4G、Power DNA、TRASH ODEなどの新世代ラッパーが参加した楽曲を立て続けにリリースし、注目を集めたプロジェクトO.B.Sが、2/26(水)にアルバムをリリースする。

【イベントレポート】NAMINOUE Festival 2019|赤土がナビゲートする沖縄のアンダーグラウンドカルチャー

2017年12月24日に沖縄・那覇市にあるクラブ・LOVEBALLが閉店した。LOVEBALLはRITTOらが所属するクルー・赤土が運営していたお店。音の鳴り、店の雰囲気、出演するメンバーにこだわりぬいた結果、沖縄の名店として県外にも評判が伝わった。閉店した2017年は年間動員数を更新したものの、クルーは「一店舗のクラブ」では表現しきれないビジョンを思い描くようになっていた。それは音楽、芸術、カルチャーを通じてピースを伝える「場」を沖縄から作るということ。彼らはあえて店舗を閉じて『NAMINOUE Festival』(通称『波フェス』)をスタートさせた。

田我流やKojoe、OZworld a.k.a. R’kuma、BLACK SMOKERSが出演し『波の上フェスティバル』が11月に沖縄で開催

昨年12月に沖縄 波の上うみそら公園特設会場で初開催された『波の上フェスティバル』。沖縄のローカルストリートカルチャーを集結させ全国各地からアーティストも出演したフェスにはおよそ6,000名が来場した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。