映画史にその名を刻むパンク監督アレックス・コックスの作品を一挙上映する『アレックス・コックス映画祭』が開催

『レポマン』、『シド・アンド・ナンシー』で知られる映画監督アレックス・コックスの作品を一挙上映する『アレックス・コックス映画祭』が、9/14(土)から9/27(金)まで東京・新宿K’s cinemaで開催される。

今回上映されるのは、実に32年ぶりにスクリーンによみがえるアレックス・コックスの才気を印象づけたデビュー作『レポマン』(1984)やセックス・ピストルズのメンバーで、ドラッグ中毒のため、21歳で他界した、シド・ヴィシャスと恋人ナンシー・スパンゲンの破滅的ラブストーリーを描く『シド・アンド・ナンシー』(1986)。ジョー・ストラマーなどが出演、マカロニ・ウエスタンへのオマージュを捧げた『ストレート・トゥ・ヘル』(1987)、アレックスがメキシコを舞台に初めて全篇スペイン語で撮り、新境地を切り開いてみせた『エル・パトレイロ』(1991)など計8本。

©universal
©canal plus
©alexcoxfilms

常に商業映画からは一線を画し、パンク精神に貫かれたアレックス・コックスの作品群を堪能する貴重な機会となる。開催にあたり映画批評家の柳下毅一郎からのコメントも到着している。

パンクとはアティチュードであり、決して誰にも妥協しないことだ。
アレックス・コックスが「パンク監督」と呼ばれたのはパンク音楽を聞くからでも、セックス・ピストルズについての映画を作ったからでもない。彼がつねに権威に抗い、虐げられる者の側に立ち、決して妥協せず、おかげで流れ流れることになっても変わらず意気軒昂として戦いつづけるからである。イギリス、アメリカ、ニカラグア、メキシコ、日本……どこへ行こうとコックスは変わらず戦いつづける。これは三十年間の闘争の記録だ。一度パンクになったら、人は死ぬまでパンクでありつづけるのだ。
柳下毅一郎(映画批評家/特殊翻訳家)

Info

配給:アダンソニア 宣伝:岩井秀世 デザイン:渡辺純

新宿K’s cinemaにて9月14日(土)~27日(金)開催!

related

京都・出町座での特集上映『肌蹴る光線 —あたらしい映画—』で清原惟やジョナス・メカスの作品など5作品を上映

京都の映画館・出町座で上映シリーズ『肌蹴る光線 —あたらしい映画—』特集が、8/21(金)から開催される。

UKの文化「カジュアルズ」の黎明期を描いた2009年の映画『アウェイデイズ』の日本公開が決定

1979年のマージーサイドを舞台に、破滅的な若者たちと、英国フットボール発祥の文化“Football Casual(カジュアルズ)”の黎明期を描いた2009年本国公開のイギリス映画『アウェイデイズ』が、2020年10月16日(金)より新宿シネマカリテほかにて日本初公開される事が決定した。

空族の特集上映『空族リターンズ 2020』が8月に開催 | 『バンコクナイツ』や『サウダーヂ』など全作品を上映

『バンコクナイツ』や『サウダーヂ』などの作品で知られる映像制作集団・空族の特集上映『空族リターンズ 2020』が、8/22(土)から8/28(金)まで新宿 K's cinemaで開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。