Young Thugが自身とLil Wayneは似ていないと語り、Rich Homie Quanとは今後一切コラボしないだろうとも述べる

先日、ニューアルバム『So Much Fun』をリリースしたYoung ThugがBig Boyのラジオ『Real 92.3』に登場。自身が大きな影響を受けたLil Wayneや、以前Rich Gangとしてともに活動していたRich Homie Quanについて語っている。

まず、Lil Wayneについて彼は「分からないけれど、俺とあいつ(Lil Wayne)は似ていないと思う。あいつはずっとBirdmanと一緒だったし、甘やかされていたし。あいつは9歳からスーパースターだったから、自分のやり方しか知らない」と自身とLil Wayneが似ているという意見を否定するとともに、非難している。ちなみにYoung ThugとLil Wayneは以前作品名を巡ってビーフを起こしたことがある。当時、まだリリースされていなかったLil Wayneの『The Carter V』になぞらえてYoung Thugが自身の新作を『The Carter 6』という題名でタイトルでリリースしようとしたところ、最終的にタイトルを『Barter 6』に変更せざるを得なくなったというものだ。その後、Wayneのツアーバスが襲撃に遭うなど過激な様相を呈していったビーフだが現在はひとまず落ち着いたとみられる。

また、Young Thugは以前Rich Gangとしてともに活動していたRich Homie Quanについても話している。ここ数年、コラボ楽曲などは発表していない両者だが、Young ThugはRich Homie Quanに対して恨みなどの感情は抱いていないと明かした。


「俺たちにはなんの問題もない」と語り始めた彼は続けて「もう俺たちは昔のようには戻れないと思う。あいつ(Rich Homie Quan)はもうクソみたいなことをしたし、もう俺の気持ちも分かっていると思うよ。俺は許してる、常に許しているよ」と両者間に問題は無いとしながらも、コラボをすることはないことをほのめかしている。
Young ThugとRich Homie QuanはRich Gangとして活動していた2014年にリリースした“Lifestyle”で一気に名を上げたが、Quanのソロとして活動していきたいという発言を受け、両者に亀裂が入ってしまった。現在は、Young Thugの方がソロで結果を出しているというなんとも皮肉な結果となってしまったが、Quanの方はどのように感じているのだろうか。

インタビュー全編は下の動画から見ることが出来る。

related

Lil DurkがミームとなったYoung Thugとの画像について詳細を明かす

2年ほど前、コラボ曲を制作していたYoung ThugとLil Durkがパソコンを見つめる画像がインターネットミームとして流行したことを覚えているだろうか?Young Thugの神妙な面持ちとLil Durkのポカンとした表情がなんとも可笑しいこの画像は現在でもしばしばTwitter等で用いられているが、今回、Lil Durkが画像についてのSNS上の声に反応した。

Young Thugの愛犬Ms Tootieが亡くなる|タトゥーを腕に彫ることで追悼

先日はPop Smokeの遺作『Shoot For The Stars Aim For The Moon』収録曲への参加で話題を呼び、またTravis Scottとのコラボも噂されているYoung Thug。そんな彼のSNSにしばしば登場していた愛犬Ms Tootieが先日この世を去ってしまったことが報じられている。

Travis Scottが自身のラジオ番組でBig SeanやYoung Thugとコラボした新曲3曲を初披露

先日はKanye Westの新曲“Wash Us In The Blood“に参加したことでも話題を呼んだTravis Scott。そんな彼が、自身のラジオ番組.wav Radioの最新エピソードを約2年ぶりに公開。そこで、Big SeanやYoung Thugとのコラボ曲となる新曲たちを初披露した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。