Lil Yachtyが「DJの技術をマスターしたい」と語る

先日は「Wu-Tang Clanのようなラップグループを結成したい」と発言し、またA$AP Rockyの逮捕をめぐる問題について「下院議員になりたい」と語ったことも話題を呼んだLil Yachtyが、今度はDJの方に興味を示しているようだ。

XXLのインタビューに登場したLil Yachtyは、「次に叶えたい目標はDJなんですよね?」と尋ねられ、「ああ、そうだよ。今とってもハマってるんだ。俺は素晴らしい音楽のセンスを持ってる。ただのヒップホップよりも高度で幅広い音楽のね。俺はありとあらゆるジャンルを聴く。素晴らしいプレイリストと、素晴らしいライブラリを持ってるんだぜ」と自分の音楽のセンスを自画自賛。続いて、「だからマジで出来ると思うよ。俺はタイミングを合わせる技術とかを持ってないけど、それでも俺のバックDJはスーパードープだ。リアルなDJみたいにね。プレイボタンを押すだけじゃない。とても良いんだ。だから、彼が俺に教えてくれる。すぐに上手くなるよ」と、まだDJの基本的な技術を習得してはいないものの自身のバックDJに教えてもらいたいという意欲を見せている。

ちなみに、DJで流したいと思っている楽曲は「Frank Oceanの“Nikes”」とのこと。他にどんな楽曲を流すのか是非とも聴いてみたいものだ。

Lil yachtyの楽曲は高い音楽のセンスを窺わせるものであるため、実際に彼がDJを始めたら面白いセットを見せてくれることは期待できる。いつか彼がDJとして来日する日を楽しみに待ちたいところである。

related

Lil Yachtyがカードゲーム『UNO』をベースとしたアクションコメディ映画を製作予定であることが判明

多くの方が一度は遊んだことがあるであろうカードゲーム『UNO』。大人数で盛り上がるにはうってつけのこのゲームは世界中で親しまれているが、なんとLil Yachtyが『UNO』をテーマとした映画の製作に乗り出していることが報じられている。

Lil Yachtyがトランプ大統領にKodak Blackを釈放するよう要求

2019年に銃器所持の罪によって3年10ヶ月の服役を課されたKodak Black。以来今年に至るまで収監され続けている彼のために、Lil Yachtyが立ち上がったようだ。

バイデン候補の次期大統領当確の報道にアーティストたちの様々なリアクション

トランプ大統領のクレームなどにより、バイデン候補の有利で進んでいたにも関わらず、中々当選確実の一報が出なかったアメリカ大統領選挙。本日未明にアメリカの報道各社が一斉にバイデン候補の当確のニュースを出した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。