A$AP Rockyに有罪判決と2年間の保護観察処分が下される

先月初めにスウェーデンで一般人と乱闘騒ぎを起こしたことにより、1ヶ月にわたり拘留された後、現在はアメリカに戻ってきているA$AP Rocky。トランプ大統領が動くなど国家間をも巻き込む大騒動となったこの事件だが、ついに彼に判決が下された。

一時は最大で2年の懲役刑が下される可能性もあったが、結果的にRockyには有罪判決とともに2年間の保護観察処分が言い渡された。さらに、現地記者のMaddy Savageによると彼は被害者に損害賠償として約1300ドル(約14万円)を支払う必要があるとのこと。

また、The New York Timesの記者Alex MarshallはRockyへの判決が軽くなった要因として、検察側がRockyとクルーが男達を瓶で殴ったことを証明出来なかったことを挙げている。

Rocky本人も上記の判決を受け、自身のInstagramを更新。


キャプションには「俺はもちろん今日の判決にはがっかりしている。もう一度俺の全てのファン、友達、そしてこの難しい期間に俺に愛を示してくれた皆に感謝したい。俺は前に進み続ける」と綴られており、有罪判決に失望しているものの、ファンなどへ感謝の意を示している。

有罪判決は受けたが、懲役刑を免れ、ファンのみならずRocky本人もほっとしていることだろう。政府間をも巻き込む大問題にまで発展した今回の事件だが、とりあえず一件落着といったところだろうか。今後他のアーティストでこのような騒ぎが起こらないでほしいものだ。

RELATED

A$AP Rockyの判決が控訴されず保護観察処分が確定

スウェーデンで一般人と乱闘騒ぎを起こし、一ヶ月に及ぶ拘留の末裁判で2年間の保護観察処分に処されたA$AP Rocky。現在はアメリカに戻り活動を行なっている彼だが、今回、裁判の上告が行われず2年間の保護観察処分という判決が確定したことが報じられた。

裁判中のA$AP Rockyが有罪の判決を受けた場合スウェーデンに戻る可能性が浮上

先月初めにスウェーデンで一般人と乱闘騒ぎを起こし、一ヶ月にも及ぶ拘留の後裁判の結果を待つ間アメリカへの帰還を果たしたA$AP Rocky。彼を解放するためにトランプ大統領が直々に動くなど異例の事態に発展したことも話題を呼んだが、彼が完全に自由の身となりこのまま無事にアメリカで暮らせるわけではない可能性が浮上しているようだ。

アメリカ政府がA$AP Rockyを釈放するようスウェーデン政府に圧力をかけていたことが明らかに

スウェーデンで一般人二人と乱闘騒ぎを起こし、数週間に及ぶ拘留の末釈放されたA$AP Rocky。現在は裁判の判決を待っている彼の釈放には、度々介入を行っていたアメリカ政府の動きが影響していたようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。