裁判中のA$AP Rockyが有罪の判決を受けた場合スウェーデンに戻る可能性が浮上

先月初めにスウェーデンで一般人と乱闘騒ぎを起こし、一ヶ月にも及ぶ拘留の後裁判の結果を待つ間アメリカへの帰還を果たしたA$AP Rocky。彼を解放するためにトランプ大統領が直々に動くなど異例の事態に発展したことも話題を呼んだが、彼が完全に自由の身となりこのまま無事にアメリカで暮らせるわけではない可能性が浮上しているようだ。

Complexによると、今週水曜日に判決が下されると見込まれているA$AP Rockyの裁判において、最大2年の懲役刑が宣告される可能性があるという。彼がアメリカに帰国することが出来たのは判決を待つ間スウェーデンに滞在する必要が無くなったからだが、仮に彼が有罪判決を受けた場合スウェーデンに戻る必要が発生する。

スウェーデンの弁護士であるMans Ressner氏はBillboardの取材に対して「もしもRockyが有罪判決を受けた場合、事情を問わず服役する必要があります。捜査の間拘留されていた時間は今後の懲役日数から除かれます」と、スウェーデンの刑罰のシステムを説明している。検察は現在Rockyに対し6ヶ月間の懲役を求刑しており、こちらが採用された場合彼はスウェーデンで残り5ヶ月の獄中生活を強いられることとなってしまう。

以前アメリカ政府がRockyを無罪にするようスウェーデン側に圧力をかけたことが報じられたものの、スウェーデン検察は威信をかけてアメリカに従わない強硬な姿勢を見せている。思わぬ国際問題にまで発展しつつある今回の事件、果たしてどのような結末が待っているのだろうか。

related

A$AP ROCKY率いるAWGEとNEEDLESのコラボ第3弾アイテムがDOMICILE TOKYOにて発売

A$AP ROCKY率いるクリエイティブチームAWGEとNEEDLESのコラボレーション第3弾アイテムが8/21(土)よりDOMICILE TOKYOのオンラインにて発売される。

A$AP Rockyが初のNFT作品をリリースすると発表

現在アートや経済の世界を賑わせているNFT(非代替性トークン)。ブロックチェーンを用いた画像や映像、音声といったデータの所有権のデジタル資産としての価値が注目され、NFTアート作品には連日高額の入札が行われる状況が続いている。今では様々なセレブもNFTへの参入を試みようとしているが、A$AP Rockyもその一人であるようだ。

slowthaiが新作『TYRON』でのSkeptaやA$AP Rocky、Mount Kimbieとのコラボについて語る

先週、待望の2ndアルバムとなる『TYRON』をリリースしたslowthai。非常に完成度の高い内容と豪華なフィーチャリングアーティストで大きな話題を呼んでいる同作だが、今回、Complexから彼のインタビューが公開されている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。