A Party in The Life vol.1|『UNTITLED』 at DJ BAR KOARA

今回からスタートする新企画『A Party in The Life』。毎週末、東京を中心に各地のクラブでパーティーが行われている。そこでは日頃我慢していた何かを解放するかのように、音楽に身を任せ踊る人たちが集まるピースフルな雰囲気が作られている。しかし、パーティーが開催されているのは週末だけではない。週末とは一味違った形容しがたい独特な雰囲気が平日にパーティーにはある。そこでFNMNLでは、平日に開催されるパーティーの面白さを伝えたいということで、FNMNL編集部が厳選したパーティーを紹介する。

写真:Haruka Ito

今回紹介するパーティーは、東京・渋谷は神南のDJ BAR KOARAを拠点に毎月第3水曜に開催される『UNTITLED』。パーティーのホストを務めるKotsuは、これまでに1-Drink、Toby Feltwell、LIL MOFO 、DJ Nozaki、Moodmanなどを招聘し、世代関係なく溶け込めるコミュニティーを作り上げている。

7月17日に開催された「UNTITLED」では、Hombre Niñoを手掛けるYOPPIとDJユニットのThe Antoinettesが登場。KotsuによるオープンセットからThe Antoinettes、YOPPIへと続く流れが見事な一体感のあるグルーヴを披露。平日ならではの妙な緊張感がある中で、DJとオーディエンスがともに熱狂をまとっていた。

パーティーに来るお客さんは様々で、普段見かけない人から意外な人まで。ジャンルに縛られない、フリーダムに集まる感覚がパーティーを通して伺えた。

また、バーカウンターにはKotsuが持参したSTUDIOVOICEや2000年代のパーティーのマンスリーフライヤーをたくさんのお客さんが手に取って見ていた。Tシャツやフライヤーのデザインを手掛ける彼のインスピレーションが垣間見ることができる。

そして8月2日には『UNTITLED』の2周年パーティーが開催。Kotsuによる8時間のオープン・トゥー・ラストセットが披露される。ダンスミュージックを愛し、ストイックに行動し続ける彼の貴重な8時間セットを是非体感して見てはいかがだろうか。

info

-UNTITLED 2nd Anniversary-
8/2(fri)9pm-5am(?)
at KOARA SHIBUYA
1000yen w/1D

related

CYKのKotsuがホストを務める『UNTITLED』にMars89とDJ Honeypantsが登場|売上の一部は森林火災が続くオーストラリアに寄付

ハウスミュージックコレクティブCYKを中心にDJとして活動するKotsuが主催する『UNTITLED』が、2/19(水)に渋谷KOARAで開催。今回は、『Pray for AUS』を掲げ、売上の一部は森林火災が現在も続くオーストラリアに寄付される。

高さ50mの断崖絶壁を背にアーティストが集結する『岩壁音楽祭』の第2回が開催|Seiho、Mars89、Kotsuらが出演

古来より命がけで切り拓かれた岩壁と、シーン先端を開拓し続けるアーティスト達を掛け合わせ、音楽のさらなる可能性を提示する『岩壁音楽祭』。昨年開催され好評を博した同イベントの第2回が、6月6日(土)と6月7日(日)の2日間に山形県・瓜割石庭公園にて開催される。

渋谷KOARAでCYKのKotsuが主催する『UNTITLED』が開催|Yoshinori Hayashi、 Celterが登場

ハウスミュージックコレクティブCYKを中心にDJとして活動するKotsuが主催する『UNTITLED』が12/18(木)に渋谷KOARAで開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。