ドキュメンタリー映画『Beautiful Losers』をテーマにした展覧会が開催 | Aaron RoseやBarry McGee、Tom Sachs、Harmony Korineなどの作品を展示

2008年に公開されたドキュメンタリー映画『Beautiful Losers』をテーマにした展覧会『NOW & THEN: A DECADE OF BEAUTIFUL LOSERS』が、RVCA SHIBUYA GALLERYとTHE CORNERで8/1(木)から開催となる。

Alleged GalleryのオーナーであったAaron RoseとJoshua Leonardが監督した『Beautiful Losers』は、は1990年代初めにマンハッタンのAlleged Gallery(アレッジド・ギャラリー)に所属していたアーティストにより形成されたコミュニティの特異さを記録した作品。当時ギャラリーに所属していたBarry McGee、Ed Templeton、Mike Mills、Thomas Campbell、Jo Jackson、Shepard Fairey、Chris Johanson、Margaret Kilgallenなどが登場している。

彼らが所属していたコミュニティーは、現在ストリート、ユース、スケートカルチャーの中にある独創的な精神を具現化し、伝統的な芸術の世界を覆す芸術的才能をプロモート、サポートするRVCAによるプログラムRVCA Artist Network Programという形で存在している。

会場には映画にも出演していたアーティストなどの作品が展示される他に、本イベントオリジナルのRVCAコラボレーションアイテムなどが並ぶ。会期は8/4(日)まで。

Info

一般公開は8月1日(木)11:00より

■Date & time
2019年7月31日(水)6:00PM - 9:00PM

■Location
RVCA SHIBUYA GALLERY
(東京都渋谷区神宮前5-27-5 2F)
THE CORNER
(東京都渋谷区神宮前5-29-1)

■Special Thanks
en one tokyo / Anheuser-Busch InBev Japan / Crystal Geyser/

<アイテム>(※こちらは一部商品となります)
T-Shirt ¥4,500 + TAX / LS T-Shirt ¥5,500 + TAX 〜

related

京都・出町座での特集上映『肌蹴る光線 —あたらしい映画—』で清原惟やジョナス・メカスの作品など5作品を上映

京都の映画館・出町座で上映シリーズ『肌蹴る光線 —あたらしい映画—』特集が、8/21(金)から開催される。

UKの文化「カジュアルズ」の黎明期を描いた2009年の映画『アウェイデイズ』の日本公開が決定

1979年のマージーサイドを舞台に、破滅的な若者たちと、英国フットボール発祥の文化“Football Casual(カジュアルズ)”の黎明期を描いた2009年本国公開のイギリス映画『アウェイデイズ』が、2020年10月16日(金)より新宿シネマカリテほかにて日本初公開される事が決定した。

空族の特集上映『空族リターンズ 2020』が8月に開催 | 『バンコクナイツ』や『サウダーヂ』など全作品を上映

『バンコクナイツ』や『サウダーヂ』などの作品で知られる映像制作集団・空族の特集上映『空族リターンズ 2020』が、8/22(土)から8/28(金)まで新宿 K's cinemaで開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。