Tay-Kのヒット曲“The Race”が彼の有罪判決における証拠として使われたことが明らかに

昨日、殺人罪で服役55年という判決を受けたラッパーのTay-K。ついに裁判の判決が出たことに加え、懲役55年という重い判決が下されたことでネット上では大きな話題となっているが、そんな中、この判決の証拠にTay-K自身のヒット曲である“The Race”が使用されたことが明らかになった。

今週月曜日に発行されたThe Faderによると、彼の裁判の陪審員達が判決の証拠として“The Race”とそのMVを提示したとのこと。具体的には、月曜日の判決が下された公聴会にて、MVが見せられるとともにそのリリックが綴られたプリントが配られたそう。

すでに周知の事実かもしれないが、彼の代表曲でもある“The Race”は、2016年に起きたEthan Walkerさん殺害事件を含む複数の罪で自宅謹慎状態に置かれていたTay-Kが、自身の足首付けられていたGPS装置を外し、警察から逃走する様子をラップした楽曲である。検察官はTay-Kに対し、より長い服役を求めていたそうだが、自身の警察からの逃走劇を描いた“The Race”が懲役55年という重い判決を下す要因のひとつとなったとみられている。また、Tay-Kは他にも1つの加重強盗で30年の服役、さらに2つの加重強盗で13年の服役という判決を受けた。

ちなみに、ラッパーが裁判において自身の楽曲を証拠として提示されるのはこれが初めてのことではない。今年の初めには、現在2つの殺人罪で逮捕されているラッパーのYNW Mellyの裁判において、Mellyの楽曲の歌詞が証拠として使われるのでは無いかと弁護士が懸念を示していた。

ついに判決が下されたTay-Kだが、まさか自身の楽曲である“The Race”が証拠として使用されるとは思わなかっただろう。一般的にラッパーの楽曲はある程度、現実を脚色したものであり、証拠として使用するには不十分な気がするが、今後ラッパー達は自身の楽曲の歌詞により注意を払う必要が出てくるかもしれない。

RELATED

裁判にかけられているTay-Kがファンに金銭を要請した事を否定

2016年に起こした複数の強盗・殺人事件で裁判にかけられ、その内一つの事件の裁判で55年にも及ぶ服役刑を宣告されたTay-K。今月9月1日、Tay-Kの公式Twitterが更新され、彼のマネジメントチームが「Tayに手紙や本を送ってくれ。彼がサンアントニオにいる間は、本に金を添えてほしい」と、ファンに対してTay-Kへのサポートを要請した。

Tay-Kのマネジメントチームがファンたちに獄中にいる彼に金銭や手紙を送るよう要請

2016年に起こした複数の強盗・殺人事件で裁判にかけられ、その内一つの事件の裁判で55年にも及ぶ服役刑を宣告されたTay-K。現在はテキサス州サンアントニオの刑務所に収監されている彼をサポートするようマネジメントチームが呼びかけている。

裁判にかけられているTay-Kが成人としての扱いで判決を受けることが明らかに

2016年に起こした複数の強盗殺人事件の裁判で55年の服役刑という判決を下されたTay-K。彼は現在別の殺人事件の裁判でテキサス州に輸送されており、そちらの裁判では少年としての扱いではなく成人として法律が適用されることが明らかとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。