Tay-Kが2016年に起こした殺人罪で55年の服役の判決を受ける

"The Race"などのヒット曲で知られるラッパーのTay-Kが、2016年のEthan Walkerさんへの殺人罪で55年の服役の判決を受けた。

Star Telegram紙によれば、テキサス州のタラント郡の裁判所での裁判で、Tay-Kは当時21歳だったEthan Walkerさんの住居に侵入し、Walkerさんを殺害した疑いが持たれていた。

Tay-Kは裁判において強盗罪は認めていたが、Walkerさんの殺害に関わったことは否認していた。Tay-Kはさらに1つの加重窃盗で30年、さらに2つの加重窃盗で13年の服役の判決も受けた。さらにTay-Kはもう1件、カメラマンのMark Saldivarさん殺害容疑でも起訴されており、この事件の判決はまだ受けていない。

related

Tay-Kが自身を報じるメディアのやり方を非難するとともにファン達に謝罪

先日、現在獄中にいるTay-Kに金銭や手紙を送るよう彼のマネジメントチームがファン達に要請し、その後Tay-K本人がその事実を否定するといったことがあったが、今回、改めてTay-Kがファン達に謝罪を行った。

Tay-Kが殺人罪で再び起訴される|成人扱いでの裁判がいよいよ開始か

2016年に起こした複数の強盗・殺人事件で裁判にかけられ、その内一つの事件の裁判では55年の服役刑を宣告されたTay-K。その後テキサス州に移送され、成人扱いでの裁判を控えていることが明らかになっていたが、今回テキサス州でも再び殺人罪で起訴されたことが報じられた。

裁判にかけられているTay-Kがファンに金銭を要請した事を否定

2016年に起こした複数の強盗・殺人事件で裁判にかけられ、その内一つの事件の裁判で55年にも及ぶ服役刑を宣告されたTay-K。今月9月1日、Tay-Kの公式Twitterが更新され、彼のマネジメントチームが「Tayに手紙や本を送ってくれ。彼がサンアントニオにいる間は、本に金を添えてほしい」と、ファンに対してTay-Kへのサポートを要請した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。