2Pacの大ファンであるアイオワ州の役人が謎の辞任に追い込まれる|2Pacのリリックを部下にメールで一斉送信したことが原因か

1996年に命を落としてから20年余りが経った現在も、世界中に多くのファンを持つ2Pac。今回、2Pacのある熱烈なファンが窮地に追い込まれてしまった。

アイオワ州社会福祉機関の長官であったJerry Foxhovenは2Pacの大ファンであり、部下たちに彼の楽曲やリリックを賞賛する文章をメールで頻繁に送信していた。しかし、そんな愛すべきヒップホップヘッズである彼が謎の辞任に追い込まれてしまったのだ。Geniusが報じるところによると、Foxhoven氏が日常的に2Pacの歌詞を送ってくることに不満を述べた従業員がいた。しかし彼はそれでもめげずにメールを送り続け、先月に2Pacについてのメールを4300人の部下たちに一斉送信。そして、その次の日に突如として仕事を辞めてしまったという。

現在66歳のFoxhoven氏は毎週「Tupac Friday」と称してオフィスで音楽を流しており、さらに65歳の誕生日を迎えたときには「Thug Life」の文字でデコレーションされた2Pacがテーマのクッキーを作って職場に持ち込むなど、とにかく2Pacが大好きだったらしい。

この件についてAP通信がアイオワ州社会福祉機関に取材を試みたところ、Foxhovenの2年間の任期の間で彼が送信した「2Pac」「Tupac」の文字が 含まれた350にも及ぶメールが公開された。彼は特に“Changes”のリリックにインスパイアされていたようで、2Pacが歌った通りに社会を変革することを従業員に呼びかけていたようだ。

辞任と2Pacメールに直接的な関係があるのかどうかは不明だが、図らずも謎の死を迎えた2Pacの人生と重なる形で仕事を辞めてしまったFoxhoven氏。ヒップホップ好きな人にとって彼が理想の上司であったことは間違いないだろう。

related

2Pac出演の名作『JUICE』初のBlu-ray&DVD化が決定

2Pac出演の1992年製作の映画『JUICE』の、日本初Blu-ray&DVDが5月8日(金)に発売される。

2Pacのアルバム『Me Against the World』の25周年を記念してLPが再発

2Pacが1995年3月14日に発売し、全米チャート1位に輝き、ダブル・プラチナを獲得した名盤『Me Against the World』。発売から25周年を記念して、180グラム重量盤の2LPが本日再発された。

「2Pacはニューメキシコでナバホ族に保護されながら生きている」と主張する映画が来年公開予定

1996年9月、ラスベガスにて銃撃によって命を落とした伝説的ラッパーの2Pac。彼はその死を信じられないファンなどによって生存説がたびたび囁かれており、以前はDeath Row Recordsの創設者Suge Knightの息子が「2Pacはマレーシアで生きている」と主張したことも話題となった(後に「マーケティングになるからやった」と発言)。今回、2Pacがニューメキシコにてナバホ族に保護されながら生存しているとの主張を行う映画の公開がアナウンスされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。