韓国のVISLA MAGAZINEとFNMNLによるApple Musicのコラボレーションプレイリストがスタート

韓国のカルチャーメディアVISLA MAGAZINEとFNMNLが、Apple Musicのオフィシャルキュレーターとして、コラボレーションプレイリストを本日スタートさせた。

昨年コンテンツ連携を開始した両者にとって、新しい展開となるこの企画は、4つのプレイリストからスタート。

プレイリストの核を担うのは両メディアの編集部がチョイスする、日本や韓国を中心とした新しいアジアのアーティストの楽曲を収録する「New Asia」プレイリスト。ヒップホップやインディーなど両メディアが厳選した楽曲を聴くことができる。

もう1つのレギュラーとなるのは両メディアとの関係の深いアーティストなどが選曲するZOOM BYシリーズ。初回はVISLAからは編集長のKwon、FNMNLからは編集長の和田が登場し、それぞれのテーマに沿った楽曲をピックアップした。

最後はある決まったワードをテーマにしたプレイリストで、初回はVISLA側が「2069年」をテーマに選曲を行なっている。

Apple MusicのVISLAとFNMNLのプレイリストページは下記リンクからチェックすることができる。

Info

VISLA/FNMNL Apple Music Playlist Page

Applemusic.com/VISLAFNMNL

 

RELATED

Apple Musicが新しいWeb用アプリケーションのβヴァージョンをローンチ

Apple Musicが新しいWeb用ストリーミングアプリケーションのβヴァージョンを発表した。今回の新しいアプリは、Macはもちろん他のPC、Chrome Os、LinuxをはじめiOS、Androidなどあらゆるメジャーなブラウザに対応している。

VISLA MAGAZINEとFNMNLのApple MusicのコラボプレイリストでLil'Yukichiによるプレイリストが公開

韓国のVISLA MAGAZINEとFNMNLによるApple Musicのコラボプレイリストで、日本を代表するビートメイカーのLil'Yukichiによる「13歳から19歳の間に聴いて衝撃を受けた曲」が収録されたプレイリストが公開となった。

星野源のApple Musicでの解禁を記念してBeats 1で特別番組『Pop Virus Radio』も配信

本日8/30(金)から、星野源の全作品とミュージックビデオが遂に解禁となり、日本を含めた世界115カ国以上でストリーミング解禁となった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。