A$AP Rockyの拘留を巡ってアメリカ国務省がスウェーデン政府に抗議

今月の初め、スウェーデンで迷惑な一般人と乱闘騒ぎを起こして以来拘留を受け続けているA$AP Rocky。彼の処遇について様々な情報や意見が飛び交う中、ついにアメリカ政府が彼のために動き出したようだ。

Complexが報じるところによると、アメリカ合衆国国務省はスウェーデン政府に対し、A$AP Rockyを公正に扱うよう求める警告を発行したという。国務省がPoliticoに発表した声明には「逮捕と拘留について懸念を引き起こすいくつかの事実が存在します。私たちは、スウェーデンを含む全ての政府がアメリカ市民を公正かつ敬意を持って扱ってくれることを期待しています。A$AP Rockyと彼の仲間がツアーに戻り、友人や家族とすぐに再会出来ることを願っています」と綴られており、アメリカ政府が公式にA$AP Rockyの処遇を不当だとしていることが分かる。

以前はTMZによってA$AP Rockyが精神に問題を抱える受刑者と同じ監房に収容され、食料はリンゴのみを与えられるという劣悪な環境に置かれていることが報道された。また、Tyler, The CreatorやScHoolboy Qなど彼と交流のあったアーティストが次々と「スウェーデンにはもう行かない」と宣言するなど、不穏かつ異例な事態が起こっている。

自国のスターが不透明な状況に置かれていることをアメリカ政府も重く見ているようだが、果たして今回の声明をきっかけにA$AP Rockyの解放は実現するのだろうか?

RELATED

CALVIN KLEINの創立50周年を記念したカプセルコレクションのキャンペーンにA$AP Rocky、Justin Bieber、Kendall Jennerなどが登場

ストレートな自己表現と挑発的な姿勢を貫くCALVIN KLEINが、創立50周年の記念にCK50コレクションを発売した。

A$AP Rockyが自身のジェンダーレスなスタイルについて「やりたいことをやってるだけだ」と語る|次回作のタイトルも明らかに

今年はスウェーデンでの長きに渡る拘留でも大きな話題を呼んだA$AP Rocky。独特なスタイルでファッショニスタとしても知られる彼が、Vogue UKのインタビューに応えている。

A$AP Rockyの判決が控訴されず保護観察処分が確定

スウェーデンで一般人と乱闘騒ぎを起こし、一ヶ月に及ぶ拘留の末裁判で2年間の保護観察処分に処されたA$AP Rocky。現在はアメリカに戻り活動を行なっている彼だが、今回、裁判の上告が行われず2年間の保護観察処分という判決が確定したことが報じられた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。