細野晴臣がメーカーの枠を超えたベスト盤をリリース | 選曲は星野源と小山田圭吾

3月にニューアルバム『HOCHONO HOUSE』をリリースし、NYとLAでの公演も成功させた細野晴臣が、音楽活動50周年をさらに彩るアルバムをリリースする。

今回りリースされるのはこれまでの所属レコードメーカーの枠を超えたベストアルバム2枚。ソロ作品は勿論、はっぴいえんど~YMOに至るまで全ての細野晴臣ワークスから厳選した内容で、星野源と小山田圭吾という、細野と縁深い2名がそれぞれ選曲を担当している。

星野源
小山田圭吾

星野源の選曲盤である『HOSONO HARUOMI compiled by HOSHINO GEN』(全38曲収録)、小山田圭吾の選曲盤となる『HOSONO HARUOMI compiled by OYAMADA KEIGO』(全34曲収録予定)、はともに2枚組、8月・9月に連続リリースの予定だ。

この2枚のトラックリストも公開となったが、選曲はかぶりなし、両作品を比較しても楽しめる内容に。

Info

Album
「HOSONO HARUOMI compiled by HOSHINO GEN」
2019年8月28日(水)発売
CD (2CD):4,400円+税 VICL-65244~5
2019年9月25日(水)発売
LP (2LP):6,000円+税 VIJL-60204~5
共に全38曲収録

収録曲 / アーティスト[オリジナル収録アルバム]
しんしんしん / はっぴいえんど[はっぴいえんど]
ありがとう / 小坂 忠[ありがとう]
風をあつめて / はっぴいえんど[風街ろまん]
暗闇坂むささび変化 / はっぴいえんど[風街ろまん]
あしたてんきになあれ / はっぴいえんど[風街ろまん]
風来坊 / はっぴいえんど[ HARRY SINGING (1969-1978)(HOSONO BOX 1969-2000 Disc1)]
僕は一寸 / 細野晴臣[HOSONO HOUSE]
パーティー / 細野晴臣[HOSONO HOUSE]
冬越え / 細野晴臣[HOSONO HOUSE]
恋は桃色 / 細野晴臣[HOSONO HOUSE]
CHATTANOOGA CHOO CHOO / 細野晴臣[TROPICAL DANDY]
絹街道 / 細野晴臣[TROPICAL DANDY]
YELLOW MAGIC CARNIVAL / ティン・パン・アレー[キャラメル・ママ]
Firecracker / ハリー細野 & TIN PAN ALLEY[ハリー細野 & TIN PAN ALLEY IN CHINATOWN (Crown Years 1974-1977 Disc3)]
蝶々-San / 細野晴臣[泰安洋行]
Roochoo Gumbo / 細野晴臣[泰安洋行]
Pom Pom 蒸気 / 細野晴臣[泰安洋行]
四面道歌 / 細野晴臣 & イエロー・マジック・バンド[はらいそ]
ウォリー・ビーズ / 細野晴臣 & イエロー・マジック・バンド[はらいそ]
はらいそ / 細野晴臣 & イエロー・マジック・バンド[はらいそ]
Firecracker / Yellow Magic Orchestra[YELLOW MAGIC ORCHESTRA (US版)]
Simoon / Yellow Magic Orchestra[YELLOW MAGIC ORCHESTRA (US版)]
Cosmic Surfin' / Yellow Magic Orchestra[YELLOW MAGIC ORCHESTRA (US版)]
Mad Pierrot / Yellow Magic Orchestra[YELLOW MAGIC ORCHESTRA (US版)]
Absolute Ego Dance / Yellow Magic Orchestra[SOLID STATE SURVIVOR]
スポーツマン / 細野晴臣[フィルハーモニー]
三国志メイン・テーマ / 細野晴臣[三国志]
Lotus Love / Yellow Magic Orchestra[浮気なぼくら]
以心電信 / Yellow Magic Orchestra[SERVICE]
エンド・テーマ「銀河鉄道の夜」 / 細野晴臣[銀河鉄道の夜・特別版]
PLEOCENE / 細野晴臣[omni Sight Seeing]
日本の人 / HIS[日本の人]
Omukae de gonsu / 細野晴臣[ATOM KIDS Tribute To The King "O.T."]
Fujiyama Mama / Tin Pan[Tin Pan]
GOKIGEN IKAGA 1・2・3 / SKETCH SHOW[Strange Flowers Vol.1]
MARS / SKETCH SHOW[LOOPHOLE]
悲しみのラッキースター / 細野晴臣[HoSoNoVa]
僕は一寸・夏編 / 細野晴臣[HOCHONO HOUSE]

Album
「HOSONO HARUOMI compiled by OYAMADA KEIGO」
2019年9月25日(水)発売
CD (2CD):4,400円+税 VICL-65246~7
LP (2LP):6,000円+税 VIJL-60206~7
共に全34曲収録予定

収録曲 / アーティスト[オリジナル収録アルバム]
BALLADE OF AYA / ティン・パン・アレー[キャラメル・ママ]
東京ラッシュ / 細野晴臣&イエロー・マジック・バンド[はらいそ]
BODY SNATCHERS / HARRY HOSONO & THE WORLD SHYNESS [FYING SAUCER 1947]
HURRICANE DOROTHY / 細野晴臣[TROPICAL DANDY]
夏なんです / はっぴいえんど[風街ろまん]
シャンバラ通信 / 細野晴臣&イエロー・マジック・バンド[はらいそ]
GOOD MORNING, MR.ECHO / swing slow[swing slow]
夢見る約束 / HARRY HOSONO & THE WORLD SHYNESS [FYING SAUCER 1947]
ただいま / 細野晴臣[HoSoNoVa]
東京Shyness Boy / 細野晴臣[泰安洋行]
ハニー・ムーン / 細野晴臣[TROPICAL DANDY]
HEPATITIS 肝炎 / 細野晴臣 & 横尾忠則[コチンの月]
Radio Activety / 細野晴臣[Heavenly Music]
ノルマンディア / 細野晴臣[COINCIDENTAL MUSIC]
ローズマリー、ティートゥリー / 細野晴臣[HoSoNoVa]
CHOO CHOO ガタゴト・アメリカ編 / 細野晴臣[HOCHONO HOUSE]
ろっかばいまいべいびい(New ver.) / 細野晴臣[HOCHONO HOUSE]
"Sayonara", The Japanese Farewell Song / 細野晴臣[泰安洋行]
THE FIRST ONE IN HEAVEN / 細野晴臣[THE ENDLESS TALKING]
Laugh-Gas / 細野晴臣[omni Sight Seeing]
PURE JAM / Yellow Magic Orchestra[TECHNODELIC]
ピクニック / 細野晴臣[フィルハーモニー]
RESCUE / HASYMO[EX MACHINA ORIGINAL SOUNDTRACK]
METALIC VELOCITY / Haruomi Hosono + Cornelius [EX MACHINA ORIGINAL SOUNDTRACK]
GRADATED GREY / Yellow Magic Orchestra[TECHNODELIC]
Turn Turn / SKETCH SHOW[AUDIO SPONGE]
ORGONE BOX / 細野晴臣[omni Sight Seeing]
O.K. / Yellow Magic Orchestra[テクノドン]
Microtalk / SKETCH SHOW[AUDIO SPONGE]
Korendor / 細野晴臣[omni Sight Seeing]
STELLA / SKETCH SHOW[LOOPHOLE]
DARK SIDE OF THE STAR -地球の夜にむけての夜想曲- / 細野晴臣[S・F・X]

related

星野源がDua Lipaのリミックスアルバムに、Madonna、Missy Elliott、Mark Ronsonなどと共に参加

星野源はコロナ禍においても"うちで踊ろう"を発表し、親交の深いMark RonsonのプロジェクトやApple Musicのラジオ局『Beats 1』のZane Loweとのインタビュー企画への参加など積極的に発信を行なっていた。

水原希子率いるOFFICE KIKOがオンラインフェスを開催 | 細野晴臣、TOWA TEI、9m88、Jerry Paper、Benedekなどが出演

水原希子率いるOFFICE KIKOが、オンラインフェス『OK presents ONE WORLD HOME PARTY』を5/24(日)に開催する。

星野源の「#うちで踊ろう」に安倍首相が便乗し大きな批判を浴びる

星野源がSNSで公開した新曲“うちで踊ろう”は、これまでSTUTSやgrooveman Spot、mabanua、lee (asano+ryuhei)など多くのアーティストや著名人がコラボ動画をアップしており、新型コロナウイルス感染拡大の中で大きなムーブメントとなっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。