Hiraparr Wilsonの個展『POWDER』がCALM & PUNK GALLERYで開催

思い出野郎Aチーム、CATBOYS、やけのはら、BTB特効など多くのアーティストのアートワークも手がけるHiraparr Wilsonによる個展『POWDER』が、7/20(土)から東京・西麻布のCALM & PUNK GALLERYで開催される。

Hiraparrの描き出す世界は、本人の言葉を借りるならば、「すっとぼけた」表情でこちらの様子を探るでもなく各々が自由に過ごしているようにみえる。東京で生まれ育った彼にとって描かれた花々や虫たちは私たち人間と同様、圧倒的な人工物に囲まれた都会的生活と、その環境を包み込んでいる雄大な自然サイクル、両者の一部として生 (そして死) を営む存在だ。

また横田基地の側で育った彼は、幼少期から多感な時期にかけてアメリカのキャラクターそしてヒップホップと出会う。Hiraparrは中でもPOGMANというアメリカのメンコに登場するキャラクターに魅了され、それらのキャラクターに比べると彼が描く線は極端にルースだが、作中で多くの動植物が擬人化されていることのルーツとなっている。さらに本展で発表する新作の一部では、絵筆だけの表現でなく身の回りの形状をサンプリ ングする手法を用い製作、学生時代に出会った神話体系や人類学、そしてブリコラージュという方法も彼に大きな影響を与えている。

アーティストステイトメント》
虫とりやおやつを食べたりして近所で過ごす夏休み。
あわただしい世の中に不穏な気配を感じつつ、終わりのない夏の自由研究に今日もぼくはいそがしい。
あたまの中に浮かぶのは土、砂、セメント、片栗粉、火山灰、星屑、スプレー、爆薬と花火、空気中を漂う
粉じんと散り散りなイメージ。
研究テーマは不確で掴み所がないのだけれど、確かにそこにある景色の粒子を捕まえること。
コンビニ弁当に入ってるバランの陳腐な滑稽さに感動を見出す様に。
手始めに極身近なものをブリコラージュしてみる。身体はここにあっても出来るだけ遠くへ旅立つこと。

Info

名 称 - POWDER
会 期 - 2019.7.20 ( 土 ) ~ 8.4 ( 日 )
*7.19(金)19:00~22:00 オープニングレセプションを開催致します。
入 場-無 料
開場時間 - 12:00 - 19:00 * 日曜日 / 月曜日休廊 * 会期最終日曜日のみ開廊
会 場 - CALM & PUNK GALLERY
東京都港区西麻布 1-15-15 浅井ビル 1F http://calmandpunk.com/

RELATED

山田智和による6年ぶりのオリジナル作品『Beyond The City -Shibuya 2019-』が本日渋谷で公開 | KID FRESINO、KOM- Iなどが出演

渋谷を舞台としたアート・プロジェクト『SHIBUYA / 森山大道 / NEXT GEN』の一環で、東横線渋谷駅のヒカリエ改札地下4階のスペースUNDERGROUNDで、山田智和の6年ぶりとなるオリジナル作品『Beyond The City -Shibuya 2019-』が本日17時から公開されてい...

ドキュメンタリー映画『Beautiful Losers』をテーマにした展覧会が開催 | Aaron RoseやBarry McGee、Tom Sachs、Harmony Korineなどの作品を展示

2008年に公開されたドキュメンタリー映画『Beautiful Losers』をテーマにした展覧会『NOW & THEN: A DECADE OF BEAUTIFUL LOSERS』が、RVCA SHIBUYA GALLERYとTHE CORNERで8/1(木)から開催となる。

Toro y Moiが本名のChaz Bearとして日本初個展『This Is Silly』をgallery communeで開催中 | テーマは「生と死」

音楽プロジェクトToro y Moi名義でもしられるChaz Bearが、日本初個展『This Is Silly』を東京・幡ヶ谷のgallery communeで7/30(火)まで開催中だ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。