adidas Originalsの『OZWEEGO』の新色の発売を記念してGUCCIMAZEやPERIMETRONなどとのコラボプロジェクトが始動

これまでの歴史への尊敬の意を表し続けてきたadidas Originalsのモノ作りとは一線を画し、「遺伝子の突然変異」を背景に誕生した『OZWEEGO』

『OZWEEGO』は1998年に生まれたTorsion Ozweego 3 (トルション オズウィーゴ スリー)をサンプリングのベースに、EVAミッドソール に搭載されたadiPRENE (アディプリン)以外は、すべての側面において今市場に存在しないエレメントばかりを組み合わせたデザインとして誕生した。

OZWEEGO (EE7008) / 自店販売価格 ¥13,000 + 税

7/20(土)に新色が発売されるのを記念して、4名のクリエイターとのコラボプロジェクト『MUTATION (突然変異) 』がスタートする。変化しつづけること、変化を重ねることが進化を生むという『OZWEEGO』のメッセージに共鳴したのは、GUCCIMAZE、 PERIMETRON、山崎由紀子、 Kentaro Okawaraの4組。『OZWEEGO』のコンセプトでもある「デザインエレメント(遺伝子)の組み換え」をテーマとしたアートワークを共同制作。adidastokyoの公式Instagramにて随時公開していく。プロジェクトの第一弾として、GUCCIMAZEのアートワークを7/19(金)にatmos BLUE OMOTESANDOで開催されるパーティーにて公開する。

このイベントではアートワークが展示される他、空間全体がGUCCIMAZEの世界観で演出、DJによる音の演出やフリードリンクの提供、会場限定のステッカー配布等を実施する。

Info

「MUTATION (突然変異) @ atmos」

日時:2019年7月19日(金) 18:00 〜
会場:atmos BLUE Omotesando (東京都渋谷区神宮前4-29-4Barbizon78)

■取扱店舗一覧
アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア トウキョウ アディダス オンラインショップ https://shop.adidas.jp/originals/ozweego/
その他 アディダス直営店舗
atmos BLUE Omotesando
ABC-MART
BILLY'S ENT各店
伊勢丹新宿店メンズ館B1 KICKS LAB.
mita sneakers
Styles Daikanyama
UNDEFEATED
※お取扱いは店舗によって異なります。

<一般のお客様からのお問い合わせ先>
アディダスグループお客様窓口
Tel:0570-033-033 (土日祝除く、9:30〜18:00)

RELATED

GUCCIMAZEが『WIRED MUSIC FESTIVAL’19』のオフィシャルTシャツをデザイン

今年で開催5周年、初の2days開催となる『WIRED MUSIC FESTIVAL’19』がGUCCIMAZEデザインのオフィシャルTシャツを限定数量にて会場のオフィシャルグッズブースで発売する。

adidas Originals 『EQT Gazelle』とVaVaがコラボレーション | 新曲"kNight and Day"のミュージックビデオを公開

adidas Originalsから1999年に発売されたランニングシューズ『Equipment Gazelle』を再構築した新モデル『EQT GAZELLE』が発売中だ。

adidas Originals『YUNG-96 CHASM』で90年代と今の空気を一緒に履きこなす

adidas Originalsから昨年12月に登場した『YUNG-96 CHASM』。YUNG-96コレクションとして1990年代の大胆不敵なルックをまとって登場した『YUNG-96 CHASM』は、アーカイブに並ぶランニングシューズからインスピレーションを受け、トルションバーやひときわ印象的なミッドソール、昔懐かしいチャンキーなフォルムを採用している。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。