サウスカロライナの警察が殺人未遂事件の犯人のモンタージュに誤ってDMXの写真を使う

2000年代のヒップホップに大きな影響を与えたベテランラッパーのDMXが、思わぬトラブルに巻き込まれてしまったようだ。

XXLが報じるところによると、サウスカロライナ州コロンビアで先月に発生した殺人未遂事件の犯人を探すために作成されたモンタージュのモデルとしてDMXの写真が使用されてしまったのだという。もちろんDMX は事件に一切関係が無いが、たまたま犯人の顔がDMXに似ていたという理由で犯人モンタージュのモデルにされてしまったそう。

事件はある男と口論になってしまった27歳の男性が銃撃を受け負傷したしまったというもの。被害者は警察に「犯人はDMXによく似ていた」と証言し、警察はそれを真に受けてDMXの写真をそのままスケッチしたものをモンタージュとして使用したという。The Stateにて問題のモンタージュが公開されているが、やや髭が濃くなったのみで殆どそのままDMXの顔であることが分かる。

DMX自身からのこの件に対するリアクションは無いが、勝手に凶悪犯に仕立て上げられてしまい彼にとっても良い迷惑なはずだ。理不尽なことこの上ないニュースであった。

RELATED

脱税容疑に問われたDMX | 判決前に彼の楽曲がプレイされたにもかかわらず1年の服役の判決が下る

脱税容疑に問われていたDMXの弁護士が、判決前に彼の楽曲をプレイし裁判官の感情を揺さぶる作戦に出ることを昨日伝えた。

脱税容疑に問われているDMXの弁護士が判決の際にDMXの曲を流し裁判官を揺さぶる作戦を検討中

ベテランラッパーのDMXは、現在2002~2005年の間に脱税を行ったとして、裁判にかけられている。170万ドル(約180億円)の脱税を行ったとして、最長で5年間の服役の判決が出るとみられている裁判の判決は今週出るが、DMX側は起死回生の一手に打って出るようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。