Monaural miniplugがサウンドシステムを取り入れた夏祭り『SOI48 VOL.36 KHON PHUTHON BAND SPECIAL』を開催

2019年のFUJI ROCK FESTIVALに出演が決定したMonaural miniplugが、タイから直輸入した電圧220Vのサウンドシステムを披露する夏祭り『 SOI48 VOL.36 KHON PHUTHON BAND SPECIAL』を新宿BE-WAVEにて7月26日(金)に開催する。

今回で36回目の開催となる「SOI48」は、タイからピン奏者の名人テック・ラムプルーンが登場。さらに、SUBLIMEFREQUENCIESの映像作家ROBERT MILLISがタイのピーターコン祭りを撮影した映像作品『PHI TA KHON: GHOSTS OF ISAN』に合わせて演奏が行われるそうだ。

また先日渋谷WWWβで開催された新パーティー『ADM1317』を成功させたstillichimiyaのYoung-G、MMMとSoi48によるチームOMK DJ CREWも出演する。

info

7/26(FRI) SOI48 VOL.36 KHON PHUTHON BAND SPECIAL @新宿 BE-WAVE

SOI48 VOL.36 KHON PHUTHON BAND SPECIAL
2019年7月26日(金) 新宿 BE-WAVE
http://www.be-wave.co.jp/rental-space/
OPEN : 19:00-24:00

エントランス :
2,000YEN

※ご来場のお客様はお店にドリンクオーダーください。
※再入場可。出入り自由。

■SPECIAL GUEST LIVE
Tak Lam Phloen (Khon Phuthon Band) from Thailand,Samutphakhan
แต๊ก ลำเพลิน (ทีมงาน ฅนภูธร)
+Monaural mini plug

■OMK DJ CREW
Young-G (stillichimiya)
MMM (スタジオ石/stillichimiya)
Soi48 (EM RECORDS)
AOKI LUCAS
อ.KHUNCHAI(MMP)

■DJ
俚謡山脈
KUNIO TERAMOTO aka MOPPY
KOICHI TSUTAKI

■上映
ROBERT MILLIS (SUBLIME FREQUENCIES)
『PHI TA KHON: GHOSTS OF ISAN』

RELATED

【対談】JUU × YOUNG-G|ルークトゥンは僕の血の中に流れている

巷に氾濫する「コラボレーション」や「フィーチャリング」といった、日本語で「共作」を意味するところの使い古されたこの言い回しを、私たちは一度、本質的に疑ってかかったほうがいいかもしれない─タイはイサーン地方・コーンケーンを拠点にする重鎮ラッパー・JUUとその愛弟子・G.JEEによる初めてのフルアルバムにして最新作『New Luk Thung』(EM Records)は、誰もが(国を超えたアーティスト同士でさえも)インターネットを介して簡単にコネクトできる時代の、ある種のお決まりの型として使われるそれらの言葉の「軽さ」を逆説的に炙りだしている。

タイ・ヒップホップシーンの女王CLEO Pの来日公演が開催

2/3(日)に東京・新宿のBE-WAVEで開催されるDJユニットSoi48によるパーティに、タイ・ヒップホップ界の女王CLEO Pが出演することになった。

STUDIO VOICE最新号と連動したイベント『いまアジアから生まれる音楽~OMKスペシャル 2019』が大阪で開催決定

STUDIO VOICEの最新号である『いまアジアから生まれる音楽』は、常にアジア人のアイデンティティを自問自答しながら、別の表現やあり方を模索し提示するアンダーグラウンド/インディー・シーンが各国に存在することを掲示し、異例のベストセラーとなっている。大阪で誌面と連動し、渋谷 WWW Xで開催され...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。