A$AP Rockyが迷惑な一般人と乱闘騒ぎを起こす

先日、「下着ブランドを始める」と発言し、話題を攫ったA$AP Rockyがスウェーデンのストックホルムにて乱闘騒ぎを起こしたようだ。

今週月曜日、TMZが以下のビデオをポスト。

動画内では、まずRockyとそのクルーが2人組の男となにやら言い争っている様子が写され、その後彼が1人の男性を投げ飛ばし、乱闘に発展している。どうやら2人組の男性の内の1人が、自身のヘッドフォンをRockyに壊されたと主張し、弁償を求めていたようだ。

目撃者の1人はTMZに対し、事の顛末をこのように語っている。まず、動画にも写っている2人組の男性がRocky達に向かって、ヘッドフォンを壊されたので警察を呼ぶぞと脅しながら付いてきたそう。その後、Rockyは男達に付いてくるのをやめるよう言ったものの議論は膠着状態に。そんな中、別の女性が現れ、その女性がRockyにヘッドフォンを壊されたと言い張る男性に尻を触られたと主張。それがきっかけとなり、Rockyと彼のクルーは男性に攻撃し、乱闘になったとのこと。

このビデオはすぐさま拡散され波紋を呼んだが、昨日Rocky自身がInstagramに騒動が起こる前の様子を投稿している。

 

この投稿をInstagramで見る

 

PRETTY FLACKOさん(@asaprocky)がシェアした投稿 -


2つ目の投稿を見ると、ヘッドフォンをつけた男性が自らそのヘッドフォンでRocky達のセキュリティに向かって殴りかかっているのが分かる。案の定、そのヘッドフォンは破損。その後の様子が1つ目の投稿の映像で、男性がRocky達に付いていこうとし、セキュリティに「どっか行け」と連呼されている様子が見て取れる。

Rockyはキャプションにて「このジャンキー達は俺らのファンではない。俺らはこいつらを知らないし、騒動を起こしたくはなかった」と綴り、さらに「彼らは4ブロックも俺らに付いてきたんだ。そして彼らは通りすがりの女性の尻を触った。休ませてくれよ」と続けている。

確かにRocky達は幾度となく男性達に「どっか行ってくれ」と呼びかけており、乱闘を起こす気には見えない。2つ目の動画の中でRockyは「(あいつらは)俺たちに付いてきて、ヘッドフォンでセキュリティの頭を殴った」と語り、「俺は無罪だ。あいつらはここで俺のことを逮捕するつもりみたいだけどな、はぁ」とため息交じりに呆れている。

TMZの映像だけでは、正直2人組の男性とRocky達のどちらが悪いのかなんとも言えなかったが、今回Rockyが投稿した映像を元にすれば2人組の男性達の方に非がありそうだ。

「休ませてくれよ」とRockyが述べているように、つかの間の休息を邪魔された彼の心内は察することが出来る。最終的に暴力という手段を利用してしまったことは擁護出来ないが、人気アーティストの宿命を思い知るとともに彼らも同じ人間であることを再認識させられるような出来事であった。

RELATED

A$AP Rockyが拘留されていたスウェーデンの刑務所の制服をデザインするとの報道

今夏スウェーデンの刑務所で暴力事件により拘留されていたA$AP Rocky。釈放のためにアメリカ政府も介入するなど大きな話題になったのは記憶に新しい。

"DHL"のプロデューサーであるBoys NoizeがA$AP Rockyを通じてFrank Oceanと出会ったことを明かす

00年代を代表するドイツ出身のエレクトロアーティスト、Boys Noize。最近ではFrank Oceanの久しぶりにリリースされた新曲“DHL”やA$AP Rockyの“Babushka Boi”にプロデューサーとして参加するなど、シーンを跨いでの活躍が目立つ彼がFrank Oceanとの楽曲制作を振り返っている。

【スペシャルインタビュー】A$AP Rocky 『CK50コレクション』 | 「いつだってCalvin Kleinのモデルをやりたいと思ってた」

Calvin Kleinの創立50周年の記念コレクションとしてリリースされた『CK50コレクション』。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。