Young Thugが自身のライブ中に車いすの少年をステージに上げる

先週の6月28日から30日の3日間に渡って、スウェーデンで開催された『Lollapalooza Stockholm』。Travis Scottをはじめ、Lil Uzi VertやBillie Eilishなど豪華アーティストがライブ披露し、大盛り上がりで幕を下ろした同フェスだが、そんなフェスの最中に心温まる一幕があったようだ。

今週月曜日発行されたPeopleによると、同フェスに出演したYoung Thugが自身のライブ中に14歳の少年Stevenをステージに上げたそう。その時、Young ThugはCamila Cabelloとのヒット曲“Havana”を披露していたらしい。

Stevenは病を患っており、車いすで彼のライブを観賞していたようなのだが、そんなStevenに最初に気づいたのはThugのマネージャーだったそうだ。多くの観客の中で“Havana”のリリックを完璧にラップするStevenを見つけたマネージャーがYoung Thugにその事を教えると、彼はStevenと彼の母親のもとに行き、Stevenがリリックを全て覚えていることにどれほど感銘を受けたかを伝えたとのこと。

また、Stevenの母親はThugに対し、Stevenのお気に入りのアーティストがYoung Thugであること、そして、そんなお気に入りのアーティストのライブを見るためだけに車で何時間もかけてストックホルムまでやってきたことを話したとPeopleは伝えている。

Thugは自身のライブ後にも、Stevenと彼の母親を自身の元に招待。その様子が動画に収められている。

自身のあこがれのアーティストに会えたStevenは非常に嬉しそうで、2人でハイファイブを交わすなど見ているこちら側の心温まるような動画である。Instagramではそんな2人の様子を収めた写真を見ることが出来る。


ファンに対する粋な計らいを見せたYoung Thug。Stevenにとっては一生の思い出となったことだろう。

RELATED

Lil Babyがキャリアの初期にYoung Thugから大きなサポートを受けていたことを明かす

今やフィーチャリングで見ない日はないほどの人気ラッパーとなったLil Baby。先日には、彼がラッパーとしてのキャリアを始めた頃にGunnaからサポートを受けていたことを明かしていたが、同郷アトランタの先輩Young Thugからも支援を受けていたと語った。

Young ThugがKanye Westに『Jesus Is King』に自身のバースがあるか確認をとる

先週金曜日の9月27日にリリースされる予定だったKanye Westのニューアルバム『Jesus Is King』。アメリカの各地でリスニングパーティは行われたようだが、結局アルバム自体はリリースされずじまいとなってしまっている中、Young Thugが自身の参加した楽曲は『Jesus Is King』に収録されているのか、Kanyeに質問を行っている。

Young Thugが洋服のコーディネートに失敗したことはないと豪語

先日、リリースしたニューアルバム『So Much Fun』が自身初となるBillboardアルバムチャート1位を獲得したYoung Thug。早くも新プロジェクトのリリースをほのめかすなど精力的に活動している彼は今回、GQのインタビューに登場。自身のファッションについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。