Apple Musicで『The New Seoul』プレイリストがローンチ | Jay Parkによる特別番組が本日Beats 1で放送

Apple Musicで国や地域、都市にフォーカスして展開されているプレイリストシリーズ『The New』の最新版として、昨日『The New Seoul』プレイリストがローンチした。

このプレイリストでは韓国・ソウルにフォーカス、盛り上がりをもせるヒップホップやR&Bなどアーバンミュージックのシーンを中心とした楽曲が収録されている。

そしてこのプレイリストを祝して、本日14時から韓国のトップアーティストJay Parkがホストを務める特別番組がBeats 1で放送される。この番組ではJay Parkがプレイリストに収録された楽曲などをプレイする他、DumbfoundeadやYUMMDAなども登場し、韓国から吹く新しい風について語り合うコーナーも。

番組は本日14時から以下のリンクで聞くことができる。

Info

Part 1: The New Seoul on Beats 1 - 7/2/19

Air Date/Time:
Tuesday, July 2 — 10pm LA / 1am NY / 6am LDN / 2pm (Wednesday) Seoul/Tokyo

apple.co/thenew

Apple Musicについて
Apple Musicでは、5,000万曲の音楽を広告なしでストリーミングできるほか、好きな曲をどれでもダウンロードしてオフラインでも曲を再生することも可能です。
iPhone, iPad, Mac, そしてAndroid スマートフォン、Windows PCでもお楽しみいただけます。
Apple Musicの中にあるライブラリ、For You、見つける、Radio、Beats 1、検索などの機能を通じて、音楽を楽しむベストな方法すべてを一つに集約した直観的に使えるアプリケーションです。

related

Apple MusicがDJミックスに使用されている音源を特定し権利者に適切に支払いを行う新システムを開発

Apple MusicがDJミックスで使用されている楽曲の権利者を特定し、全ての権利者に直接支払いができるようにする新システムを開発した。

Apple Musicの独占企画『Home Session』が遂に日本で始動|第一弾はSIRUP

Apple Musicが昨年開始し世界各国で話題となっている独占企画『Apple Music Home Session』を、ここ日本においても本日より国内アーティストで始動。第一弾としてSIRUPが登場する。

Apple Musicが空間オーディオとロスレスオーディオへの対応を発表

Apple Musicがドルビーアトモスによる空間オーディオの導入と、ロスレスオーディオへの対応を発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。