【特集】BASI 『切愛』 | BASIが影響を受けたラブソング10選

先日6月26日に6枚目となるソロアルバム『切愛』をリリースしたBASI。アンセムとなった“愛のままに feat.唾奇”を始めラブソングに定評がある彼に、『切愛』に合わせこれまでに影響を受けたラブソング10曲をセレクトしてもらった。

常に愛をテーマに歌ってきたBASIは、どんなラブソングをセレクトしてくれたのだろうか?

『影響を受けたラブソング10選』

1. Chara - Swallowtail Butterfly ~あいのうた~

コメント

1ミリも色褪せない名曲。
ずっとずっと聴き続けます。

2. Common - I Used to Love H.E.R

コメント

HIP HOPを女の子に例えた一曲。
コンセプトが素晴らし過ぎます。

3. ZOMBIE-CHANG - 愛のせいで

コメント

小節の頭でさりげなくライムしてたり。
リリックがとにかく好きです。

4. LIBRO - 軌跡

コメント

「お前の心はもう開いてなく サンタも入り込めない煙突」
1997年にこの曲をリリースしてることがヤバ過ぎます。

5. タカツキ - ブルーデイジー

コメント

生なグルーヴと優しいポエトリー。
心が落ち着きます。

6. kojikoji - 愛のままに BASI feat.唾奇/Cover

コメント

はじめて聴いた時の衝撃がずーっと今も続いています。
「切愛」にも参加してくれて嬉しかったです。

7. 茂千代 - Sir Owl

コメント

KENSAWさんへの愛が胸に突き刺さります。
茂千代 is MC,you know!?

8. Small Circle of Friends - Lovely Day

コメント

サツキさんの壮大なフックが素敵です。
そして、アズマさんのロングバースが素敵です。

9. Rickie-G - Life is wonderful

コメント

もれなく海で聴きたいです。
心が澄み渡る名曲。

10. PUSHIM - FOREVER

コメント

ただただ胸が熱くなります。
一緒に歌わせて頂き幸せありがとうございます。

INFO

「切愛」
1.myself
2.夕暮れ feat. HANG
3.月ひとつ feat. 空音
4.素顔 feat. TOCCHI
5.夢の途中
6.星を見上げる
7.普通 feat. 鎮座DOPENESS
8.RED feat. SIRUP
9.これだけで十分なのに (BASI REMIX)
10.薔薇
11.愛のままに feat. 唾奇
12.かさぶた

発売日:2019.6.26
BASI-1017 / 2,400yen(taxout)
発売:BASIC MUSIC 販売:ULTRA-VYBE

Tour Info

BASI RELEASE TOUR 2019 -切愛の時-
2019年10月7日(月)東京都 WWW X
2019年10月11日(金)大阪府 梅田CLUB QUATTRO
2019年10月25日(金)北海道 Sound Lab mole
2019年11月15日(金)福岡県 DRUM Be-1

related

BASIが東京と大阪で開催するワンマンライブのチケットを再販売

BASIが今年5月に開催予定だった『BASI ONEMAN LIVE 20→21 "THE SHOW"』は新型コロナウイルスの影響で、来年2月に延期/振替となったが、収容人数の影響で一度全てのチケットの払い戻しを行った。

GeGの"Merry Go Round feat BASI,唾奇,VIGORMAN,WILYWNKA"のMV再生回数が1000万回を突破 | 記念のスタジオライブムービーが公開

GeGの代表曲"Merry Go Round feat BASI,唾奇,VIGORMAN,WILYWNKA"のMVの再生回数が1000万回を突破したことを記念し、参加メンバーが一堂に会したスタジオライブ映像が公開された。

Shin SakiuraがBASIをフィーチャーした新曲"komorebi"のミュージックビデオを公開

Shin SakiuraがBASIをフィーチャーした新曲"komorebi"のミュージックビデオを本日10/28(水)に公開した。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。