Kevin Abstractが「またソロアルバムを作りたいとは思わない」と語る

今年4月にソロアルバム『ARIZONA BABY』を発売したBrockhamptonのフロントマン・Kevin AbstractがGQのインタビューに対して、ソロで活動する事へのプレッシャーを語った。

Abstractはソロアルバムに関して、「『ARIZONA BABY』は純粋な創造性から生まれたものではないんだ。生き残る為に必死になって、グループを探していた頃に戻っていたんだ。」と語った。また、「レコード契約を結んでいるから、基本的に作品を作る義務があるんだ」と今回のアルバムは自身が契約しているレーベルの為に必死に制作した事を明かした。

しかし、Abstractは今回『ARIZONA BABY』を自分自身やグループの為、そしてレーベルとの契約を果たす為に制作した事を後悔しているようだ。「(はじめは)制作したかったけど、俺は燃え尽きていたんだ。アルバムなんて作るべきじゃなかった。俺がアルバムに込めたものは傷つきやすく、正直で純粋なものだったよ。だけど俺はまたソロアルバムを作りたいとは思わない。」とAbstractはレーベルに急き立てられて無理矢理アルバムを制作した事を後悔しているようだ。

Lil Uzi Vertがレーベルとの契約問題を抱え、新作『Etrnal Atake』をリリースできていないように、アーティスト・レーベル間での問題は散見される。今回のインタビューによって、『ARIZONA BABY』はAbstractにとって不本意な形で制作された作品だという事が明らかになったが、今作が素晴らしい作品だったという事は間違いないだろう。今作がレーベル不在では生み出される事が無かったものだと考えると、一概に制作を強いるレーベル側に非があるとは言い難い。ファンの立場としては、両者が素晴らしい作品を生み出す為に手を取り合ってほしいと願うばかりだ。

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。