Meek Millが新作の制作に関して急がずにじっくりと時間をかけると宣言

昨年の11月にアルバム『Championships』をリリースしたMeek Millが、次のアルバム制作に向けてじっくりと時間を取る事を発表した。そこには彼なりの思惑があるようだ。

Meek Millは先日、Bussiness Insiderのインタビューに応じた。インタビューの中でMillは、前作『Championships』をどうやって超えるつもりか?という質問に対し「わからないよ。あれはひらめきが集まったもの。分かるか?パッと出てきたんだよ。確か7,8ヶ月で完成させたんだ。だから俺はどうやってカムバックして、ファンを魅きつけて、興味を持たせ続けられるかを考えないとな。」と、次の作品で前作を超える為には、十分に思索を凝らす必要があると考えている事を語った。

Meek Millのような大物アーティストにとって、次々とアルバムをリリースするスピード感よりも、確実にファンの心を掴むことで確固たる地位を築く事が大切なのだろう。新作に期待だ。

RELATED

Meek Millの息子がクラブでフリースタイルを披露

昨年の11月にアルバム『Championships』をリリースし、現在は新作の制作をじっくりと進めているというMeek Mill。そんな彼は息子を持つ父親でもあるが、彼の息子について微笑ましいニュースが飛び込んできた。

Meek Millが他人を撮影した動画をSNSに投稿する行為に苦言を呈する

先日、SNSに疲れInstagramのアカウントを削除したMeek Mill。それから一ヶ月と経たずInstagramアカウントを復活させた彼が、他人を撮影しSNSに投稿する行為に苦言を呈している。

Meek Millが自身のInstagramアカウントを削除

多くの現代人にとってSNS、特にInstagramは無くてはならないものになっていると言えるだろう。しかし、その一方で他人の幸せな瞬間が逐一画面上に映し出されるのに疲弊感を覚える人が多いのも事実だ。Meek Millもその疲弊感を覚える内の1人のようで、ついに自身のInstagramアカウントを削除してしまった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。