姫路のラッパーvio moonの1stEP『eden』がリリース

またまた姫路から新星ラッパーが登場した。Shurkn Pap擁するMaisonDeや、week dudusなど注目のラッパーを多数輩出している都市から続いて登場したのはvio moon。

SoundCloudにアップしていた"SEGWAY"などの楽曲でもハードなビートに負けないタフなフロウを披露していた彼女。

EPではバンギンな"SUCK IT UP"やYoung M.Aを彷彿とさせるようなクールな"3.85"などの他にも、レゲエフィーリングな"Zentorno"やハウシーな"Lucy"など多彩な楽曲を収録している。

related

姫路の16歳のラッパーREMY FOOLが実兄のweek dudusとvio moonをフィーチャーした新曲"Amigo!"のミュージックビデオを公開

ラップシーンが大きな盛り上がりをみせている姫路を拠点にする16歳のラッパーREMY FOOLが実兄のweek dudusと、同じく姫路を拠点にするvio moonをフィーチャーした新曲"Amigo!"のミュージックビデオを公開した。

Minchanbabyと姫路の新鋭week dudusとvio moonによるコラボEP『Threesome』が本日リリース

アルバム『たぶん絶対』やEP『都会にまつわるエトセトラ』など精力的なリリースを続けるMinchanbabyと、姫路の2人の新鋭ラッパーweek dudusとvio moonのコラボEP『Threesome』が本日リリースとなった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。