RihannaがBET Awards受賞式でトランプ大統領の移民政策を批判

トランプ大統領がアメリカ大統領に就任して以来、移民に対して強硬な政策が取られているのはご存知の通りだろう。先週には移民税関局(ICE)に対し不法移民2000世帯の一斉検挙と強制送還が指示され大きな批判を呼んだが、そのような状況に対し、明確にトランプや共和党に反対する立場を表明しているRihannaが再び抗議の声を上げた。

先週末に開催されたBET Awards授賞式に出席したRihannaは「移民にとって今アメリカで起こっていることは壊滅的な状況で、私たちはそれと同じくらい大きく声を上げていかなきゃいけないと思ってる。意識を高める必要がある。国全体で声を上げなきゃいけないの。それが、この国を心配に感じていることについて政治家や政府が耳を傾けるようにする唯一の方法だから」と、The Rootによるバックステージインタビューに対し語っている。

ComplexによるとRihannaは以前もThe Cutの取材に対し「故郷のバルバドスを除いて、私は世界のどこに行っても移民ということになる。みんなはそれを忘れてると思う。Rihannaをブランドとして見てるの」と、あくまで自分はどこまで行っても移民であり、それを忘れてはならないという意思を表明している。

さらに彼女は先週、自身のブランドFentyより「Immigrant」とのプリントが施されたTシャツを発表し、Instagramの投稿でトランプに対し「Hey」とメンションを送った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

hey 👋🏿 @realdonaldtrump

badgalririさん(@badgalriri)がシェアした投稿 -

以前はイギリスからの移民である21 SavageがICEによって不当な拘留を受け、その後市民権を得られず不法移民として生活していた過去を振り返り「悪夢のようだった」と語っていた。そもそもアメリカは移民によって形作られた国であり、移民の受け皿として機能してきた国である。移民の人権を奪うような政策は絶対に許されるべきものではないだろう。

Rihannaの呼びかけには賞賛の声が寄せられているが、果たして今後の大統領選などに伴いアメリカの状況は変化してゆくのだろうか?

RELATED

RihannaがVogueのカヴァーストーリーに登場|ニューアルバムについてやスーパーボウルのハーフタイムショー出演辞退などについて語る

最近ではニューヨークファッションウィークにて、自身のブランドであるFentyとPumaのコラボコレクションを初めて発表するなど音楽以外の側面でも精力的に活動しているRihanna。そんな彼女がVogueのカヴァーストーリーに登場。Fentyについてはもちろん、リリースが待たれるニューアルバムや、波紋を呼んだスーパーボウルのハーフタイムショウについてなど様々なトピックについて語っている。

Billie Eilishが自身のファッションについて「Rihannaの言葉に影響を受けた」と語る

音楽だけでなく、ビッグサイズの服をトレードマークとしCALVIN KLEINやGR8ともコラボするなどファッションにおいても注目を集めるBillie Eilish。そんな彼女が、独特なファッションに対するスタンスはRihannaの言葉から影響を受けたものであることを明かしている。

Rihannaがインタビューで「今誰と付き合ってるの?」と聞かれ「ググれ」と答える

今週月曜日に公開された、Insterview MagazineによるRihannaのインタビュー。ヒョウ柄の全身タイツなどをスタイリッシュに着こなしたスタイルもさることながら、インタビュアーに対する豪快な回答が話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。