RihannaがBET Awards受賞式でトランプ大統領の移民政策を批判

トランプ大統領がアメリカ大統領に就任して以来、移民に対して強硬な政策が取られているのはご存知の通りだろう。先週には移民税関局(ICE)に対し不法移民2000世帯の一斉検挙と強制送還が指示され大きな批判を呼んだが、そのような状況に対し、明確にトランプや共和党に反対する立場を表明しているRihannaが再び抗議の声を上げた。

先週末に開催されたBET Awards授賞式に出席したRihannaは「移民にとって今アメリカで起こっていることは壊滅的な状況で、私たちはそれと同じくらい大きく声を上げていかなきゃいけないと思ってる。意識を高める必要がある。国全体で声を上げなきゃいけないの。それが、この国を心配に感じていることについて政治家や政府が耳を傾けるようにする唯一の方法だから」と、The Rootによるバックステージインタビューに対し語っている。

ComplexによるとRihannaは以前もThe Cutの取材に対し「故郷のバルバドスを除いて、私は世界のどこに行っても移民ということになる。みんなはそれを忘れてると思う。Rihannaをブランドとして見てるの」と、あくまで自分はどこまで行っても移民であり、それを忘れてはならないという意思を表明している。

さらに彼女は先週、自身のブランドFentyより「Immigrant」とのプリントが施されたTシャツを発表し、Instagramの投稿でトランプに対し「Hey」とメンションを送った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

hey 👋🏿 @realdonaldtrump

badgalririさん(@badgalriri)がシェアした投稿 -

以前はイギリスからの移民である21 SavageがICEによって不当な拘留を受け、その後市民権を得られず不法移民として生活していた過去を振り返り「悪夢のようだった」と語っていた。そもそもアメリカは移民によって形作られた国であり、移民の受け皿として機能してきた国である。移民の人権を奪うような政策は絶対に許されるべきものではないだろう。

Rihannaの呼びかけには賞賛の声が寄せられているが、果たして今後の大統領選などに伴いアメリカの状況は変化してゆくのだろうか?

related

銃撃を受けたMegan Thee StallionをRihannaやLil Yachtyらがサポート

先日、Tory Lanezによって車内で足に銃撃を受けたことが報じられたMegan Thee Stallion。幸い命に別状は無かったものの現在も治療に専念している彼女に対し、Rihannaがサポートを表明している。

SUMMER SONIC 2020 アーカイヴフェスティバルの第二弾が開催決定 | Rihanna、The Prodigy、Boom Boom Satellites、Oasisなどのパフォーマンスを放送

過去のSUMMER SONICでの人気アーティストたちのパフォーマンスを配信する『SUMMER SONIC 2020 アーカイヴフェスティバル』の第二弾が、7/22(水)と7/23(木)に開催される。

投票を呼びかけるRihannaが「選挙では何も変わらない」との声について「その言葉はもう聞き飽きた」と語る

ジョージ・フロイドさんが警察によって殺害された事件をきっかけに全米で人種差別に対する抗議運動が起こっているここ数日。そんな中今週発生したムーブメント#BlackOutTuesdayの際に選挙での投票を呼びかけたRihannaが、「投票では意味が無い」との声に対して持論を語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。