Kendrick Lamarのポートレートも手がける写真家のDan MonickによるLAをテーマにした写真展が開催

LA在住の写真家でミュージシャン、ディレクターのDan Monickによる写真展『GOODBYE TO ROMANCE』が6/28(金)から東京・代々木上原のgallery communeで開催される。

Kendrick LamarやMigos、Snoop Doggなどのアーティスト写真も手がけるDan Monickは、本展では変わり続けるLAの風景写真を通して街の物語を写し出す。

Monickは夜通し運転している間、見慣れた蛍光灯の青い輝きや夜行性のコヨーテ、ネイルサロンのパト リック・ナゲルの模造品ポスター、曲がった新聞受け、占い店のウインドウ、滑稽なトイレのハンドド ライヤーなどに注目して街を見渡す。「ロサンゼルスの大部分は常に置き去りにされて来た。名声という幻想の中でも絶えず騒めいていた状態だったんだ。そしてそれが実際に変化した。変化自体は良いことだが、消し去る事は決して良い事ではない」と、こういった要素が多くの人々に華やかさと欲望を連想させる街の基盤となってきたとMonickは考えている。

Monickは「以前は何かを発見したとき、後で撮影するためにメモを取っていたんだ。しかし今では真逆の考えで、明日そこにあると は限らないものに対し”遅れてごめん”と伝え、全てのイメージに対して<さようならロマンス>と言いたいんだ」とも述べている。急速に変化するLAをカメラに収めることは、一種のロマンチシズムが存在する。
会場では展示作品はもちろん、新作マーチャンダイズの販売も予定している。

Info

Dan Monick solo exhibition “GOODBYE TO ROMANCE”
ダン・モニク展 グッバイ トゥ ロマンス
2019年 6月 28日(金) ‒ 7月 16日(火)
Opening reception: 6 月 28 日(金) : 19:00 ‒ 21:00 * アーティストも来日し参加します
会場: gallery commune
住所: 東京都渋谷区西原 1-18-7

related

NYを拠点にヒップホップやスケートボードなどのストリートカルチャーを撮影してきたSue Kwonの写真展をBlackEyePatchが開催

ファッションを軸に国内外で様々な企画や展示をキュレーションするBlackEyePatchが、NYを拠点にするフォトグラファーのSue Kwonの写真集『RAP IS RISEN』の刊行を記念した写真展を11/5(土)から、原宿のTHE PLUGで開催する。

cherry chill will.の日本のヒップホップシーンにフォーカスを当てた写真展がDr. Martens SHOWROOM TYOで開催

ヒップホップシーンを中心に国内外のアーティストから大きな支持を得ている写真家のcherry chill will.の写真展が、Dr. Martens SHOWROOM TYOで開催中だ。

LAの写真家Colin Sussinghamによる展示『BE L’EAU』がcommuneで開催

NY出身で現在はLA在住の写真家Colin Sussinghamによる展示『BE L’EAU』が、幡ヶ谷のgallery communeで9/16(金)から開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。