Playboi Cartiがリリースが遅れているアルバム『Whole Lotta Red』やMetro Boominとのコラボ作について語る

アトランタ出身のラッパーで現在アルバム『Whole Lotta Red』を制作中のPlayboi Cartiが、Faderのカバーストーリーに登場している。

Cartiはリリースが遅れている新作『Whole Lotta Red』については、「自分が終わりにしたければ完成となる」状態だと述べ、ただ「最高の作品を目指している」と、妥協なく制作を続けていると語っている。またこれまでCartiの作品に多大な貢献をしてきたプロデューサーのPi’erre Bourneは、新作にはこれまでよりは登場回数は少なくなりそうで、かわりにMaaly RawやRichie Souf、彼のエンジニアであるRoark Bailey、Don Cannonなどが参加しているという。新作『Whole Lotta Red』は2018年末から制作が開始されており、これまでにアルバム用で50曲はレコーディングしたというが、「新しい音楽が好きだ」というCartiは、「誰も聴いたことがないもの」を作ろうとしているという。

またインタビューでは新作にあわせて、Metro Boominとのコラボプロジェクトの存在も明かされている。この作品はアルバムがリリースされた後に、ドロップされる予定で、こちらも楽しみな作品となるのは間違いないだろう。

Cartiのキャリアについて詳細に触れられているFaderのカバーストーリーはこちらから全文が読める。

RELATED

Playboi CartiやLil Uzi Vertの楽曲をストリーミングサービスにリークしていた人物がこれまでに6万ドル以上の収益を得ていたことが判明

以前、Playboi CartiとYung Nudyの未発表曲“Pissy Pamper”のリーク音源がSpotifyに違法アップロードされ、バイラルチャートで1位を獲得してしまうという出来事が起こった。他にもLil Uzi Vertの“Sanguine Paradise”が公式リリース前にリークされてしまうなど、ヒップホップシーンで音源のリークは大きな問題となっている。今回、Pitchforkからリークによってアーティストが受ける損害に迫った記事が公開された。

Playboi Cartiが「あと60日以内にアルバムをリリースする」と発言

昨年のアルバム『Die Lit』以来まとまったリリースの無いPlayboi Cartiが、ライブ中に新作の発表をアナウンスしたことが明らかとなった。

21 SavageがMetro Boominとのコラボ作『Savage Mode 2』をアナウンス

2016年にリリースされ、21 Savageが一躍スターダムを駆け上がるきっかけとなったMetro Boominとのコラボミックステープ『Savage Mode』。その続編となる『Savage Mode 2』が制作途中であることを21 savageがアナウンスした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。