ラッパーの男性が再生回数を買うために会社の金410万ドルを横領

これからラッパーとして活動しようとしている人の中には、いかにしてインターネット上でバズを起こし注目を集めるか日々考えている人もいるはずだ。YouTubeやSoundCloudの再生回数やSNSのフォロワーを人為的に増やすサービスが問題視されることも多い今日この頃だが、まさかの方法で再生回数を買ったラッパーもいる。

「Chad Focus」という名義でラッパーとして活動するChad Arringtonは、ある楽曲がYouTubeで400万回再生を突破しInstagramフォロワーを18万人も抱えていた。これだけ見れば今後ヒットしそうな注目のラッパーのようにも思えるが、彼はこれらの再生回数とフォロワーを全てお金を払って人為的に増やしていた。その上、なんとそれらの資金を全て自身が務める会社のクレジットカードで払っていたというのだ。

Daily Beastの記事によると、Arringtonは合計410万ドル(約4億円)相当の再生回数とフォロワー、そしてジュエリー類を会社のクレジットカードで買い、ラッパーとしてのキャリアを偽造したそう。その上彼は自身のSNSで「金持ちになる方法を教えてやるよ」として、会社のクレジットカードを流用するノウハウをフォロワーと共有していたとのこと。邪悪な手口と言う他ない。

その上彼は「FOCUS」と書かれたキャップを販売するために10万ドルを費やし、自分のコンサートのチケットを自分で買い占めるために125000ドルを払って観客の入りを偽造。さらに、私用のホバーボードも会社の金で購入したほか自転車を共有するベンチャーを起業するために数万ドルを着服したという。

Arringtonは現在ボルチモアの刑務所に拘留されており、個人情報の不正使用と詐欺の容疑を受けている。 何事も楽な道は無いので、ラッパーとして成功したい人は地道にキャリアを積んでいくことが結果的に自分のためにもなりそうである。

related

MV撮影のため高速道路の標識に登ったラッパーが起訴される

YouTubeでMVがバズることによって、一気にラッパーとしての知名度を上げることが出来る昨今。しかし、ユニークなMVを作ろうとするあまりやり過ぎてしまった男が現在窮地に立たされている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。