Febb as Young Masonが生前最後まで制作を続けていたGRADIS NICEとのジョイント・アルバム『SUPREME SEASON 1.5』が遂にリリース

昨年2月に逝去したFebb as Young Masonが、GRADIS NICEをプロデューサーに迎え生前最後までレコーディングしていたアルバム『SUPREME SEASON 1.5』のリリースが決定した。

7月にリリースされる同作はラッパーとしてのYOUNG MAS(Febb as Young Mason)にフォーカスをあて、GRADIS NICEがトータルプロデュースを担当。2017年に両者が発表した『L.O.C -Talkin’ About Money-』の第2弾アルバムとして制作を行っていたものだ。

GRADIS NICE

Febbの急逝後には、最後まで一緒に作業をしていたGRADIS NICEがその制作を引き継ぎ、約1年4ヶ月を費やして完成させた。8曲目に収録された楽曲"spit dope"は、GRADIS NICE&YOUNG MASの盟友のDJ SCRATCH NICEがプロデュースを手がけ、JJJが客演として参加している。ヒップホップを誰よりも体現してきたFebb as Young Masonのスピリットが刻まれた作品となっている。

Info

発売日:2019.07.17
品番:DDCB-12106
アーティスト:GRADIS NICE&YOUNG MAS
タイトル:SUPREME SEASON 1.5
価格:¥2,500+税
レーベル:FL$Nation / AWDR/LR2

トラックリスト:
1.supreme season
2.numb
3.skinny
4.east side
5.cartel
6.flexin
7.switch lanes
8.spit dope (feat. JJJ)
9.f-turbo
10.sour og
11. done

related

FEBBの没後3年となる命日に3曲がリリース

2018年の2/15に急逝したFEBBの3回目の命日となる本日、未発表曲を含む3曲がリリースされた。

故FEBBの“SKINNY”が未発表だったオリジナルバージョンでリリース

故FEBBによる楽曲で、先にリミックスバージョンがリリースされていた“SKINNY”のオリジナルが本日11/20(金)にリリースされた。

ヒップホップクルーLSBOYZの1stアルバム『LSBOYZ』が12月にリリース|故febbや、FITZ AMBRO$E、DJ SCRATCH NICE、Altoなどがトラックを提供

東京地下最深部で暗躍するヒップホップクルーLSBOYZ が、1stアルバム『LSBOYZ』を12月2日(水)にリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。