NBAがラプターズに対してDrakeの試合中のコートサイドでの問題行動を警告か

チーム創設以来初となるNBAファイナル進出を決めたトロント・ラプターズ。ラプターズの大ファンとして知られるのが地元のトップアーティストDrakeだ。真偽のほどは置いておいて、Drakeの呪いなどで勝利に貢献していると言われているDrakeは、先日のバックスとのカンファレンスファイナルでもコートサイドに陣取ったDrakeは、相手のエースのヤニス・アデトクンボに野次を飛ばすなどをしていた。

こうしたDrakeの行動を問題視したのがNBAだ。ESPNの記者にNBAの広報担当者が明かしたところによれば、NBAはDrakeが第4戦でコートサイドからラプターズのコーチに肩でメッセージを送っていたのを、バックスのコーチが問題視。コートにはファンが入り込む余地はないと、Drakeの行き過ぎた行動を批判した。

この批判を受けてNBAはラプターズに対しDrakeの行動を問題視しているという旨を報告したという。DrakeがNBAから警告を受けるのは、これが初めてではなく昨シーズンもDrakeはキャバリアーズのケンドリック・パーキンスとヒートアップして口論を起こしてしまい、NBAはDrakeの行き過ぎた行動を抑制するよう指示していた。

これに対しNBAファイナルをラプターズと戦うウォリアーズは、Drakeの存在を気にしていない様子で、「こちらは(地元のレジェンドの)E-40をラプターズのために用意しておくよ」とヘッドコーチも余裕綽々の様子だ。

果たしてファイナルでもDrakeはコートの外から存在感を発揮し続けるのだろうか。第1戦は明日ティップオフとなる。

RELATED

WileyがまたもやDrakeを「カルチャーのハゲタカ」「異教徒」とディス

以前、Drakeがダンスホールを取り入れた楽曲を発表した際にUKのアーティストたちから「文化の盗用」として批判を受けたことを覚えているだろうか?中でも急先鋒に立ってDrakeを非難していたベテラングライムMCのWileyが、またもやDrakeをディスし話題を呼んでいる。

DrakeがNBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートを練習

Drakeといえば、地元トロントのNBAチームであるトロントラプターズに対する過剰な愛も話題になるほどのバスケ好きとして知られているが、そんな彼が今回、NBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートの練習を行った。

Drakeがビートルズのタトゥーを入れたところビートルズのファンから怒りを買う

昨年のアルバム『Scorpion』をリリースした際に数々のチャート上の記録を打ち立てたDrake。特に全米シングルチャートトップ10にランクインした数がビートルズを超えたことは大きな話題を呼んだが、そんな彼が自身の腕にビートルズのタトゥーを入れたことで非難を浴びている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。