Pioneer DJがDubset Mediaとの協業を開始 | 『DJM-REC』で使用した楽曲のロイヤリティーをアーティストに分配へ

Pioneer DJがデジタル著作権管理プラットフォームのDubset Media社と協業を開始し、DJ向けのiOSアプリケーション『DJM-REC』に「Dubset」へのアップロード機能が追加された。

Dubset Media社は、DJミックスやリミックス楽曲のファイルを解析して使用されている楽曲を識別する「MixSCAN」という独自の技術により、アーティストやDJ、レーベル、パブリッシャーにロイヤリティを支払うプラットフォームの「MixBANK」を提供している。

今回の機能追加によりDJ向け録音iOSアプリケーション『DJM-REC』から「Dubset」にDJミックスやリミックス楽曲をアップロードすると、使用した楽曲の著作権処理をDubset Media社が行い、 DJミックスやリミックス楽曲をApple MusicやSpotifyなどの音楽配信サービスに合法的に配信できるようになった。また音楽配信サービスのユーザーがそのDJミックスやリミックス楽曲を再生すると、再生回数に応じた収益からロイヤリティがDJと権利者に分配される。

「Dubset」へのアップロード機能を使用するには、DJM-RECを最新版にアップデートする必要がある。

RELATED

Pioneer DJがVirgil Ablohとのコラボモデルを制作 | 6月からシカゴ現代美術館で開催されるVirgil Ablohの展覧会で展示

Pioneer DJがOff-White™の創設者でLouis Vuittonのメンズアーティスティックディレクターも務めるVirgil Ablohとのコラボモデルを制作し本日発表した。「Pioneer DJ c/o Virgil Abloh™」と名付けられたこのプロジェクトで、両者は「"TRANS...

Pioneer DJがスマートフォンDJアプリと対応した『DDJ-200』を発売 | BeatportのDJ用ストリーミングサービスにも対応

Pioneer DJから新たにスマートフォン対応DJコントローラー『DDJ-200』が5月23日に発売される。

Pioneer DJからマルチトラック・シーケンサー『SQUID』が発売

Pioneer DJの音楽制作機器ブランド「TORAIZ」(トーライズ)シリーズの第3弾モデルマルチトラック・シーケンサー「SQUIDI」(スクイッド)が発売中だ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。