ゲーム音楽の40年の歴史を網羅したディスクガイドが刊行 | 名盤950枚を紹介

1978年に産声をあげたゲーム音楽レコード。Red Bullの監修により、ゲーム音楽に焦点をあてたドキュメンタリー『Diggin' In The Crates』も公開されるなど、近年国内外を含め大きな注目を集めているシーンのディスクガイド決定版『ゲーム音楽ディスクガイド──Diggin' In The Discs』が5/31(金)に刊行される。

40年以上にもわたる歴史を網羅、膨大な数のなかから選び抜かれた名盤950枚を紹介している。試行錯誤の黎明期からサウンドチップの音楽、スーファミ~初代プレステの小容量サンプリング時代、ハードの制約から解放されたPCエンジン~CD-ROM、そしてBandcampを筆頭に無数のサウンドがリリースされ続けている現在までをアーカイブしている。

「日本のゲーム音楽は、この国が生んだもっともオリジナルで、もっとも世界的影響力のある音楽だ」と『DIGGIN'』のプロデューサー、ニック・ドワイヤーは言う。これは、長年ゲーム音楽を研究し続けてきた本書執筆陣が、それぞれに思い続けてきたことでもある。ゲーム音楽は単なるゲームの付随物で終わるものではなく、かけがえのない価値を様々な形で具有している。〔……〕本書はゲーム音楽の歴史に散らばる何万枚ものサントラ盤やアレンジ盤から、これはという名盤たちを「音楽的な」観点から選び抜いた、ありそうでなかったディスクガイド本である。(本書序文より)

Info

監修: 田中 “hally” 治久
執筆: DJフクタケ/糸田屯/井上尚昭
タイトル: ゲーム音楽ディスクガイド──Diggin' In The Discs
レーベル: ele-king books
発行: 株式会社Pヴァイン
発売: 日販アイ・ピー・エス株式会社
判型: A5判
ISBN: 978-4-909483-29-4
発売日: 2019年5月31日(金)
税抜価格: 2,580円

RELATED

美学校が創立50周年を記念した展覧会『美学校クロニクル 1969-2019 ~51年目の現在~』を開催

東京・神田神保町にある美学校が、創立50周年を記念した展覧会「美学校クロニクル 1969-2019 ~51年目の現在~」を開催中だ。

KAKATOとオオクボリュウによる絵本『まいにちたのしい』が今月発売

環ROYと鎮座DOPENESSによるラップグループKAKATOが文を、dodoとのコラボTシャツも話題のオオクボリュウが絵を手がけた絵本『まいにちたのしい』が8/22(木)にブロンズ新社から発売される。

佐久間裕美子の書籍『真面目にマリファナの話をしよう』刊行記念トークショーが開催

ニューヨーク在住のライター佐久間裕美子によるマリファナをテーマにした本『真面目にマリファナの話をしよう』の刊行を記念したトークショーが8月6日(火)に渋谷のSPBS本店で開催する。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。