西寺郷太が早稲田大学エクステンションセンターで「マイケル・ジャクソンと現代社会(モダン・ソサエティ)」というテーマで講座を開講

「ポップ先生」とも呼ばれるNONA REEVESの西寺郷太が、早稲田大学エクステンションセンター早稲田校にて7月に講座を開講する。

2年前にも同センターの中野校で講座を行なったが、今回は早稲田校に場所を移しての開講となる。今回の講座は「マイケル・ジャクソンと現代社会(モダン・ソサエティ)」と題し、7月10日から7月31日までの全4回。

マイケル・ジャクソンがいかに90年代以降メディアによって印象操作されたのか等を実際の資料や証言を基に検証し、ゲスト講師として弁護士の高木良平も招いた質疑応答の時間も用意される。

Info

■申し込みスケジュール

5/15:エクステンションセンター会員先行受付開始

※ホームページからのお申し込み受付期限は2019年5月27日(月)までとなります。(ハガキでのお申し込みの場合は2019年5月23日(木)消印有効)

6/11:一般申込開始

■講座概要

「マイケル・ジャクソンと現代社会(モダン・ソサエティ)」

講師:西寺 郷太(音楽プロデューサー、作詞家・作曲家、文筆家)

曜日:水曜日

時間:19:00~20:30

日程:全4回 ・7月10日 ~ 7月31日 (日程詳細)7/10, 7/17, 7/24, 7/31

コード:120426

定員:30名

単位数:1

会員価格受講料:¥15,664

ビジター価格受講料:¥17,413

表示金額には、消費税等が含まれています。

講座HP:https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/47652/

目標

・マイケル・ジャクソンを襲った「少年性的虐待」疑惑(1993年の民事訴訟、2000年代の刑事訴訟、2019年の「ドキュメンタリー」)。資料や証言から真相に迫ることで、情報が乱れ飛ぶ現代社会が抱える矛盾を浮かび上がらせる。

講義概要

忘れられがちだが、モーツァルトは18世紀最新の「流行音楽家」であった。同じく、20世紀を象徴するエンターティナー、音楽家であるマイケル・ジャクソンも、あと100年も経てば「クラシック」となる。

今回、マイケルが、いかに90年代以降メディアによって印象操作されたのか、マイケル自身に問題はなかったのかを検証。全4回ともにゲスト講師に弁護士・高木良平氏を迎え、質疑応答の場も用意する。

各回の講義予定

回   日程 講座内容

1 7/10 1993年のジョーディ・チャンドラー(民事訴訟)

2 7/17 2003-2005年のギャビン・アルビーゾ(刑事訴訟)

3 7/24 弁護士・高木良平氏との対話、考察

4 7/31 2019年の「ドキュメンタリー」

◆補講は8月7日を予定しております。

テキスト・参考図書

参考図書:『マイケル・ジャクソン』(講談社現代新書)(ISBN:978-4062880459)

related

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。